【着物紹介】春の着物コート~絽縮緬道中着と大島紬、葵の帯~浅草寺お出かけレポ・その2

先日(2019.04.07)浅草寺さんへ十三参りの取材に出かけた際の着物です。
絽縮緬の道中着に大島紬を着ました!

絽縮緬の道中着に白大島

 

 

やっと日の目を見た「絽縮緬の道中着コート」

俗に「袷のコートを着るのは、紅葉が色づく頃から桜の頃まで」と言いますが。
桜が見ごろの時期は、どんなコートを着れば良いのか?迷いますよねー

単衣の道中着コートでも持っていたら良いのですが、今のところ単衣のコートはインド綿雨ゴートしか持っていません。

紋紗のスリーシーズンコートは「3月末から着られるよ」と言われて購入していますが、4月上旬では、まだちょっと薄すぎるような気がするし。

すごく迷って、結局着て出かけたのが、絽縮緬のコートです。
絽縮緬の道中着

 

 

骨董市で購入したのが2016年5月なのですけど、もしかしたら今回が袖を通すのお初かも?
やっと着て出かける機会がきました(笑)

当時の記事に「絽縮緬の着物は6月上・9月下あたりだけど、紋紗やレースのコートが4月半ばあたりからなので、それに準じる。」と書いていますが、この道中着は紋紗のコートよりも地厚ですし、何より色が黒色(重め)なので、もっと早く着ても良いだろうとの判断です。
絽縮緬の生地質

 

兎の柄は、春に着れる?

印伝風のウサギさん柄なので、「ウサギの季節はいつだったかな?」と調べてみると、「通年・秋」と書かれていたので、この兎柄なら春でもいいよね。
兎の柄

 

◆参考にした本

 

うさぎ柄
着物や帯の柄・兎

小紋の柄や帯のモチーフとして人気の「うさぎ」は、うさぎ単体で使用される他、雪輪うさぎ・月うさぎ・波うさぎ…

Read More

袷の大島紬・洋ラン模様

合わせた着物は、大島紬です。
大島紬

 

白大島と思っていたけど、こういうのは「色大島」って言うのかな? 証紙ないので何大島なのか?わかりません。 なんちゃってかもしれないですけど~
洋ランの大島

 

以前の記事でも「洋ランは季節を問わない」と書いていますが、ツベっとした大島紬系の着物は寒々しいので真冬は着ないと聞きました。 

でも、「お正月過ぎたら“春”なので、年が明ければOK」という話もあるんですよね。 ワタシ、1月2月は真冬でだと思っていたけど、春なんですね~?! 

桜が咲き誇っているところへ、別の花をモチーフにした着物を着るのは少しヤボな気もしますけど。 でも、もう着て行っちゃったんだから、今更ジローです。

裾回しはピンクパープルなので、まあ、春らしい♪ということで。
裾回しの薄紫

 

へろんと軽い「葵紋」の九寸名古屋帯

帯は、軽やかな仕立ての九寸名古屋を締めました。
九寸名古屋帯

 

模様は、徳川様の御紋「三つ葉葵」で知られる「あおい」です。
葵紋の帯

 

そう言えば。「葵の季節ってあるのかな?と調べてみると、「きものの文様(書籍)」には『春』と書かれていました。


「えぇ~?春~?! ワタシ、以前に「秋単衣」に締めて出かけたことがあったよなぁ」

 


「今回は、まさに春だから問題ないけど、秋のお出かけはまずかったのかしら? でも【唐草(通年)】っぽい模様も入っているから、構わないかなぁ?」

割と気に入っている帯なので、春しか締めれないのはつまらないなぁ・・・としつこく調べておりましたらば。

うへへ♪ 七緒のHPに「花・葉の見ごろは春~夏だけど、縁起の良い吉祥模様なので、季節を問わず」と書かれていましたー!!

通年 葵紋

 

ってことは、いいよね?秋でも♪

和装の取り決めって、気づかなかったら全く気にならないものなのに、ちょっとでもあれ?って思ってしまったら、めっちゃ気になる! 難しいですね。

とりあえず。
「少し厚手の黒い絽チリコートは、この時期かなり使い勝手がいい」ということがわかって、ヨカッタです~
春の着物コート

 

おまけ:ベージュのバッグは、フェリシモさんの「一緒買い」でお安く買えます

浅草寺・十三参り取材のお出かけで使用のバッグは、フェリシモ・IEDIT[イディット]のバッグです。
上品モードな美人トートバッグ〈エクリュベージュ〉

 

合皮ですけど重たくなくて、美しい立体的なフォルムが、パリッとしていて型崩れないのが良いのです。
立体的なフォルムのおすすめバッグ

 

ワタシは、フェリシモ商品展示会の会場でお安く購入させていただきましたが、通販でも「一緒買いキャンペーン」の利用で安くなりますよ。
おすすめバッグ

 

収納力もありますし、キズも付きにくいし、和服でも洋服でも持てるので、かなり重宝しています~

◆期間限定?のキャンペーンかと思いますので、欲しい方はお早めに。

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください