【着物お手入れ】単衣の大島紬を水洗いしてみました~

先日、ドアノブにお袖を引っ掛けて、ビリッ!とやってしまった単衣の大島紬を、自分で手洗いしてみました。

袖付縫い直すなら少し裄出ししたかったので、洗えばキレイにすじ消しできるかな?と思ったことと。
背中と脇に汗ジミがありましたので、「このシミ、少しくらいは薄くならないかな?」という期待もこめて。

大島紬手洗い

大島紬手洗いの様子

 

単衣大島紬の水洗いの様子と、仕上がり具合について書きますねー♪

 

 

単衣の大島紬が自宅で洗えるって本当?

「単衣の大島紬だったら、自分で手洗いしても大丈夫♪」と、和裁教室のお友達に聞いて、やってみることにしました。

大島紬は、糸の状態で何度も水にさらされるので、水通ししても縮むことが少ないというのが、自宅で水洗いできるという根拠です。

とは言え、もちろん例外もあるでしょうし。
下半身に正絹の居敷当てがドーンと付いているような場合には、収縮率が違うことも考えられますし。

幸い、この着物は、共布で居敷当てが付いているタイプでした)

「最悪、上手に洗えなかったら、全部解いて洗い張りして、仕立て直しをしよう」と覚悟を決めて、自宅での水洗いにのぞみました。

最初に寸法を取っておく

洗う前に、袖幅・肩幅・袖丈・身丈・前巾・後巾・衽巾、このくらいは寸法を取っておきましょう。
洗い上がった後、どのくらい縮んだのか?縮まずに済んだのか?を確認をするためです。

洗濯前に採寸

 

シミや汚れに印をつける

着物を水に浸けてしまうと、シミや汚れの個所がわからなくなってしまうため、あらかじめ糸でしるしをつけておきます。

針穴が生地に残るのが嫌だったので、糸印を控えめにしましたが、これではやはりシミの場所がわかりにくかったです。 
的確につまみ洗いやブラシ洗いをするのであれば、囲むようにしるしをつけた方が良いかもしれません。

大島きもの自分で

 

針の穴や縫いあとは、乾いてアイロンをかけてしまえば、ほとんどわからないくらいになりました。

使った洗剤

最初に、シルク専用の洗剤で押し洗いをしてから、ブルークリーナーで汗ジミが気になるところをこすり洗いしました。

 

今回洗った紬は、歯ブラシでこすり洗いしても毛羽立つことがなかったので、結構ガシガシブラシで洗ってみましたが、残念ながら古い汗ジミは、まったくと言って良いほど落ちませんでした。 シミと言うより変色というレベルですね。

部分洗いとは言え、ブルークリーナーを一緒に使ってしまったら、なんだかシルク専用の洗剤を使った意味がないですね。 少しゴワゴワな手触りになっちゃったので、数回すすいで、脱水を1分(タオルにくるんで)してから、もう1度、今度はエマールで洗い直しをしました。

大島紬の脱水

 

単衣・大島紬の洗い上がり

脱水後は、着物ハンガーにかけて、日陰干しです。 この時、糸印は外してください。
大島紬自宅洗濯乾燥

 

乾燥後は、さっぱり&ふんわりと仕上がったものの、「なんとなく白ぼったくなっっちゃったかしら?」と少し不安に思いましたが。

アイロンをかけて仕上げたところ、イイ感じにツヤが戻って、手触りも良くなって。  自宅で水洗いしたなんてわからないくらいになりましたよ!

単衣・大島紬を自分で洗ったら縮む?

ケースバイケースではあると思いますが、今回は、ほとんどサイズは変わりませんでしたので、よかったです。
幅も丈も、洗う前とほぼ同寸でした。

これなら、また自分で洗ってみてもいいなーと思いました。

そのうち、大島以外の単衣紬にも挑戦してみたいと思います。

■着物を部分洗いする際に、普通の汚れ落とし石鹸では、少しごわついてしまいます。 「なにか良い部分洗い用の石鹸はないかなー?」と思っていたのですが、すごく良い石鹸を見つけました!

洗濯用ではなく「洗顔石鹸」なのですが。

京都かやぶきの里「美山牛乳石鹸」

試してみたところ、とてもやわらかく・しなやかに仕上がったのです。

次の記事でご紹介しますねー

美山牛乳石鹸おすすめ
正絹部分洗い石鹸

つるっつるでしっとり!顔も正絹(着物)もやさしく洗う「美山牛乳石鹸」

Read More

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください