着物好きなお友達から、「紬にはどんな襦袢? 袷の着物に単の襦袢もあり?」といった質問をいただきましたので、ワタシの長襦袢事情をお答えさせていただきます。

◆最近の着画から ~夏の長襦袢はやっぱり白が好きです! 

・小千谷縮(水色ストライプ)に絽麻の長襦袢
・紗の小紋に絽の長襦袢(正絹)

※必ずそうするということではないですが、麻には麻、絹には絹を合わせることが多いです。 その方が涼しいという話を聞いたことがあります。

地域的なものや、着付流派などでの相違点もあるかもしれないですが、一例として参考にしていただけたら幸いです。

Q:単衣の紬に木綿や麻の襦袢はありか?

A:結論から言えば、ありです。

ただ、単衣の紬と言ってもいろいろあるので、いつ? どんな単衣紬で着るのか? で、話が違ってくると思うのです。

まずは、単衣の着物に合うと思う「手持ちの長襦袢」について書きますね。 

単衣の着物に合うと思う「ワタシの長じゅばん」

clickで大きく見れます。

一推しは「色付きの麻襦袢」・東レ爽竹の色柄モノ

単衣の着物用にと長襦袢を探すなら、ワタシ的には「色付きの麻襦袢(平織)」か東レ爽竹の色柄物をおすすめしたいと思います。

clickで大きく見れます。

おすすめの理由としては、以下の3つ。

  • 着心地が良い(涼しい)
  • 家で自分で洗える
  • 長く着られる

麻は、志賀麻・小千谷縮など。 どちらかと言えば「カタモノ(紬)」や綿・綿混のものに合うと思いますが、正絹の単衣に着ても良いと思います。 汗かきな方は、普段着なら通年着るという方もいるそうです。

私は「どんな色にも合わせやすそう」という理由でグレーを選びましたが、お友達は淡いパープルの麻襦袢を愛用されています。 涼しげで上品で、とても素敵です。 

漆黒色の麻襦袢は、夏の透ける着物の透け感を抑えてくれるので、「単衣時期から薄物を着られて便利」と聞いたことがあります。 便利そうですが、着物上級者向けのテクニックかなーと思います。 ちょっと難しそうですね。

東レ・爽竹は、どんどん進化しているので、できるだけ最新のものがよろしいかと。 単衣着物の袖口からチラ見えして違和感がないもの(色柄)なら、やわかものにもカタモノにも合いますし、単衣だけでなく袷の着物にも着られます(冬はのぞく)。 

楊柳や紋綸子の単衣襦袢

正絹の楊柳(畝がある)や、単衣襦袢用の紋綸子(薄手)タイプは、単衣時期の手前におすすめです。

カタモノに着るか? タレモノに着るか? は、長襦袢の色柄によると思いますが、暑いのを我慢して無双袖の長襦袢(袷用)を着るくらいなら、あまりこだわらずに着ちゃって良いと思います。 (もちろん普段着ならという条件付きですが。)

下のタイプは↓セミフォーマルまで着れそうな単衣襦袢です。 付下げや紋付の色無地に着るなら、こっちを着ます。
単衣用の長襦袢は、袖口が耳になっているものが多く、薄くて軽めの生地質です。 5月・9月をメインに着ます。

楊柳のタイプは、カジュアルにもよそ行きにも使えて便利です。 こちらも袖口は耳です。 よく見ると楓(紅葉)に流水柄が入っています。 骨董市で見つけた楊柳長襦袢を解いて、袖丈長めの単衣着物(正絹・吉澤与市)の内袖として、くっつけてしまいました。 

clickで大きく見れます。

普段着きものを着だした頃は、最初の「夏前の時期」に着る長襦袢が無くて、とても困ったんですよ。 当時は単衣袖の長襦袢なんて持っていないのに、着物の袖丈・裄丈がバラバラだったからです。 苦肉の策として、単衣襦袢を見つけて買っては、全部「嘘つき」にしちゃったんですよねー

他にも、ペラペラな銘仙みたいな生地や紬にも着れそうな「むじな菊」も単衣袖を作りました。 今はもう出番がないですけど、普段着初心者当時は、良く着ていました♪  単衣袖の長襦袢は、カジュアルなら4月からOKです。

5月下旬は、絽・紗の襦袢も。

絽や紗の襦袢は、5月半ば過ぎあたりから着ても良いと言われています。 一般的には、色付きの麻もこの時期から着るのが良いらしいです。 真夏の長襦袢はやっぱり「白」が良いなと思うので、5月下旬~6月あたりは、淡い色の絽・立絽・紋紗を着たいなーと思っています。

盛夏に着たい白い夏襦袢!

7月8月の盛夏は、透ける着物を着ますので。 涼しげに見える「白い襦袢」が良いですねー

小千谷縮や志賀麻、近江麻など。 シワになりやすく・着ていて膨れるといった困ったもありますが、やはり涼しいし、着心地が良いです。 汗をかいてもすぐに乾くし、手洗いできるしー  トスコ麻というポリ混麻も人気です。 価格もグッと手ごろになります。 (ただし、リサイクルの昔の交織ものは暑いことが多い気がするので、ご注意ください)

正絹の絽の襦袢は、本当はプロのお手入れに出すべきですが。 ドライだけでなく、汗抜きという工程も必要なので、ワタシは自分で洗っています。 最初に大きめのサイズを買って、一度水にさらしてからサイズを合わせると、2度目からはそう縮まないので問題なしです。 ものによっては、少しボソボソした感じになりますが、アイロンをかけると戻ります。

なんだか、紬に麻襦袢が合うか?という話ではなく、季節と長襦袢の話になっちゃいましたね。 詳しくはこちらでも書いていますので、合わせてどうぞ!

長襦袢の種類と季節

長襦袢の種類と季節

着物に袷や単衣があるように、長襦袢も季節に合わせて選びます。 と言っても、長襦袢は下着ですから~ あまり人目につくものではありませんので、暑いか?寒いか? 個人…

単衣の紬と言ってもいろいろあるので。 いつ?どんな単衣紬で着るのか? 

ほっこり系・地厚な紬の単衣着物の場合。

例えば「結城紬の単衣」です。 呉服屋さんで誂えてもらった着物ですが、これは袷にするべきでした。 



こんなに分厚い単衣の着物は、GW明け~6月になんて着れません。 初めて袖を通したのは、10月でした。 10月なので、普通に「袖無双・胴単衣」の一般的な長襦袢を着たと思います。

このところ着ていませんが、普段着ですからね。 木綿やウールの着物感覚で、暑い時期を外して袷のように着てしまおうと思います。 なので、着物は単衣ですが、長襦袢は無双袖のものを着ます。 

お初で着た時の記事

単衣に仕立てた「結城紬」の着物デス♪ 初めて袖を通してみました~

お誂えで仕立てていただいた結城紬に、初めて袖を通してみました~! なんだか「ドヤ顔」に写ってますケド~(笑) この紬の反物は、ずいぶん前に義母が買ってくれたもの…

下の着物も「ほっこり系」の無地紬です。 上の結城ほど厚くないですが、節があるので「見た目に涼しそうではない」です。

この着物も10月に着ることが多いので、袷用の「無双袖・胴単衣」の長じゅばんです。 もし、10月上旬で暑いだったら、楊柳単衣や志賀麻・グレーの長じゅばんを着ると思います。 

ツベっと系・シャリっと系。薄手な紬の単衣着物の場合。

大島紬のようなツベっと薄い生地感の単衣ですとか。 塩沢紬のような、シャリ感のある単衣ですとか。 こうした単衣は、本来の単衣時期である「6月・9月」とそれに近い時期におすすめです。

この着物を6月に着るなら、半衿も絽にして、麻・絽・紗の襦袢にします。 色は上旬は淡い色、下旬は白い襦袢にするかなぁ。


その他↓こんな単衣の着物も着ます。 黄色の2種は、袷の八掛と胴裏を外して単衣にしました。
更紗は化繊。 グレーは、節があるけど薄手の紬です。 着る日の「気温・天候」によって、長襦袢を選びますけど、グレーの麻にしちゃうことが多いかも。

縮緬やテレっとしたタレモノ単衣の場合

右側、上下は正絹・縮緬地の単衣です。 なめらかですが、割としぼは大きいタイプなので、6月には暑い感じがします。 むしろ4月の半ば過ぎから着ても良さげに思うので。 4月だったら、爽やかな地色の袖無双・胴単衣のお襦袢にして、それ以降は単衣袖の紋綸子や楊柳襦袢かな。 あまり汗をかきたくないので(手入れが大変)、初夏は避けて、春すぎ&仲秋(9月中~10月中)に着るかもです。

左側、秋草の小紋単衣は、少しシャリっとした質感です。 白地なので、やっぱり仲秋あたりかな。 9月なら単衣袖、10月なら袷用の正絹長襦袢を着ます。

綿紬や綿麻の単衣着物の場合

上の写真の「綿麻着物」は少し透け感があります。 東京だったら、GW明けくらいから9月いっぱいくらいに着るのが良いかなぁと思っています。 博多献上の八寸名古屋帯を締めていますが、6月半ばの着用なので、長襦袢はオフホワイトの絽を着ました。 今なら、白の麻襦袢を着ると思います。

綿紬の着物は、少し節のある地厚な生地です。 でも、衿裏に「絽」が使われていますので、単衣着物として作られたものなのだろうと思います。

とは言っても地厚なので、6月に着るにはキビシイ感じ。 5月と9月いっぱいが良いかなあ。 グレーの麻襦袢、東レの爽竹、楊柳の2分式襦袢が合いそうです。

単衣の紬に木綿や麻の襦袢はありか?まとめ

なんだか、話が右往左往してわかりにくくなちゃいましたが(汗) まとめると、↓こんな感じ。

◆単衣の紬に木綿や麻の襦袢は、あり。 ポイントは・・・・・・

  • 単衣紬の素材感や厚さによって、着る時期を選ぶ。
  • その時期に合わせた長じゅばんを選ぶ。(仕立て・素材・色・絽目の有無など)

※綿の長襦袢は、2分式やポリエステルとの加工品(ワンピース式)しか持っていませんが。
 透けない単衣紬の中に着るならアリと思います。 ただし、木綿素材は裾除けにすると足さばきがとても悪いです。
 汗の吸いは良いのですが、乾きもイマイチとも言われます。 
 綿や綿麻浴衣に着る「ゆかた下」のような用途は良いですが、正絹の紬には向かないかも。

 ※※海島綿や綿薩摩のような、高級品なら話は別です。

 海島綿の絽襦袢なら、麻絽と同じ感じかと思います。
 綿薩摩の長襦袢は、レアですね。 単衣・夏用のものでも、通年使えるそうです。

袷の着物に単衣の長襦袢はあり?

普段着用の袷着物であれば、単衣の長じゅばんを着て大丈夫です。 麻の襦袢や、楊柳・爽竹襦袢など。

逆に、単衣の着物に袖無双の長じゅばんを着ることもあります。 どういう着物を「単衣着物」と呼ぶのか?という見解にもよりますが、ウールや木綿は、そもそも通年「単衣仕立て」の着物ですし。 紬であっても、地厚のものなら、単衣に無双袖を合わせても、違和感はありません。

>>あくまでワタシの私見です。間違っていたら教えてください~ その2へ続く。

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
11年間ほど写真館で着付師の仕事をしていました。 現在は、成人式着付やモデルさん撮影のお手伝いをしたりしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り等で着るキモノでお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るならでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆応援クリック、どうぞお願いいたします!励みになります~☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。