紬の着物に綸子や縮緬の長襦袢だと、着物と長襦袢の格が合わないってことはないの? みんな着物一枚ごとに、サイズ合わせて長襦袢を仕立てるなり買うなりしてるの? というお話です。

お友達の質問にお答えしたいなーと思って書きました。 あくまで私の私見です。 その1は、長襦袢の季節についてのお話です。 ぜひ、併せてご覧ください。

【Q&A】着物と長襦袢の合わせ方、格・季節・着物と襦袢のサイズの関係・その1

着物好きなお友達から、「紬にはどんな襦袢? 袷の着物に単の襦袢もあり?」といった質問をいただきましたので、ワタシの長襦袢事情をお答えさせていただきます。 地域的…

紬の着物に綸子や縮緬の長襦袢だと、着物と長襦袢の格が合わないってことはないの?

ご質問の内容って、多分↓こういうことですよね? ピンクやパステルの下のような長襦袢を、右の紬のような着物に着ても良いのか?ってことであってるかな?

結論から言うと、格が合わなくて「なんか変~」という事はあります。
(長襦袢に「格」という表現を使うのか?は疑問ですが。 格と言うより「用途」かなぁ。)

ただ、上の二枚の長襦袢だったら、ワタシは右の結城紬にも着ちゃいます。 結城に限らず、大島でも米沢でも黄八丈でも着ちゃうかな。 

要は、着て出かけた際に、袖口・振り・裾からチラ見えした長襦袢に違和感を感じるかどうか?ってことです。 振りや裾はそう見えないですが、袖口からは思ったよりも見えるので。 「着物上級者は、長襦袢にこる」というのは、この袖口のことだと思います。


袖口から「オーソドックスなピンクや淡いカラーの一般的な長襦袢」がチラ見えしたとしても、そういう方は案外多いので、あまり気にしないように思うからです。

薄いピンクやパスエルカラーの長襦袢は、割とオールマイティーに使えちゃいます。 てか、着物を着よう!と始めたばかりの方は、むしろそうした長襦袢しか持っていないのが普通ですから。

◆1番最初に作った長襦袢(向かって右側)

 着付け教室で使い込んでボロボロになりました。 その後も、小紋や紬に合わせて着まくり、もう30年くらい使っています。
 あまりにボロボロになったので、新しくセミフォーマル用に作ったのが左の長じゅばんです。(袖無双胴単衣)

光沢のある白い長襦袢は「おや?フォーマル用だな」と思う方もいるかもしれないですけど、ダメ出しする方はいないんじゃないかな? 紬という普段着物に着ているのなら、ある意味本人の自由だし~

留袖など、フォーマル用の長襦袢。本来はフォーマル専用ですが。
以前着付けの先生に、「それしかないなら、着てもいいわよ」と言われたことがあります。

ご自身が「襦袢と着物でTPOが違う」と気になるかも?ですが、自宅で自分で着る場合には、出先で袖口・振り・裾から長襦袢が見えないように頑張っていただければ・・・・と思います。 無理して慌てて買わずとも、ゆっくり気に入った「カジュアルな襦袢」を探してください。

むしろマズイのは、フォーマルの訪問着に、下のようなカジュアルな長襦袢を着ちゃった場合ですね。 


上の取り合わせは、どう見たって変なので。 和服の知識がない方でも、着る前に気が付くだろうと思いますが。 また、お子さんなら、晴れ着に合わせてモスリンの長襦袢も着ますけど。 大人の場合は、モスリンも無いですね。(ウールや木綿には着るかもですけど。)

化繊(ポリ)で構いませんので、訪問着や付下げ用の長襦袢を着るべきです。 最近は、振袖(レンタル)の長襦袢も化繊のものがほとんどです。 安い=格が低いという事ではありません。

もし、喪服用の白い長襦袢があるのであれば、それでも良いと思います。(喪服はフォーマルです) 

フォーマル・セミフォーマルというシーンの場合、対人関係が伴うはずなので、相手や同席の方の失礼になってはいけません。 着物に合う長襦袢を着るのが、礼儀になります。(言わずもがなですね。すみません)

紬用の長襦袢とは?

紬用と限定している訳ではありませんが、カジュアルな長襦袢というのはあります。 小紋柄、縞、チェック、濃い色、渋い系などの襦袢です。

森田空美さんの著書に、長襦袢のコレクションが紹介されている写真がありました。 1ページだけですが、興味のある方はぜひ。


ワタシの持っている「袖無双=袷用の長襦袢」を撮ってみました。 ワタシの場合、セミフォーマルにも使えそうな長襦袢は、タレモノ(小紋や江戸小紋、無地着物)に着ています。  雀の襦袢は、地色がマットな白ですが、カタモノによく着ます。

クリックで大きく見れます。

ハマるとあれこれ欲しくなって、寸法を直して着ようと思って買った「まだ着れない長襦袢」が他にもいろいろあります。(苦笑)

みんな着物一枚ごとに、サイズ合わせて長襦袢を仕立てるなり買うなりしてるの? 

ワタシの場合、最初は嘘つきや大ウソつきの長襦袢で対応をしていました。

  • 嘘つき襦袢=袖を簡単に取り換えて使える長襦袢。
    衿付きの半襦袢に、袖をマジックテープやスナップボタン、ザクザク縫いなどで取り付けて着る。二部式が多い。
  • 大嘘つき=装道の美容衿(あずま衿・仕立て衿)などを使用し、袖だけでなく衿も取り外し可能なタイプ。
嘘つき
衿付き半襦袢に替え袖の嘘つき。

嘘つき長襦袢の場合、裄(肩幅や袖幅)は着物に合わせて調節することが可能ですが、袖丈はムリです。 プラスマイナス2㎝くらいなら、そのまま着てしまいますが、着物の袖丈が53cm もあるのに長襦袢は48cmしかないとなると、もうどうにもなりません。 振りから襦袢の袖が出ちゃうし、短いのがあからさまにわかります。

やたらと2分式襦袢が増えてしまったのは、このためです。 袖丈をいろいろ変えて、替え袖を保持する必要があったから。

しかしながら、そのうちうんざりしてしまいまして。 仕方なく「自分でお直しできるようになりたい!」と和裁を習いはじめた次第です。

着物のサイズ、長襦袢のサイズを揃える! 肩幅・袖幅・袖丈が大事~

カジュアルな着物。 フォーマルな着物(カジュアルより裄長め)。
この2つに絞って、着物のサイズを揃えてしまえば、長襦袢やコートのサイズに困ることがなくなります。

大事なのは、肩幅・袖幅・袖丈です。

  • 着物と長襦袢の肩幅は同寸=着物の振り(みやつ口)から長襦袢が出ない。
  • 着物の袖幅よりも、長襦袢は1㎝ほど控える=袖口から長襦袢が出ない。
  • 着物の袖丈よりも、長襦袢は1cmほど短い=袂(袖底)でもたつかない。

女性の場合、前幅・後幅・衽巾(通常決まってる。15㎝くらい)といった身幅は、極端に広いとか狭いとかでなければ、着付けでなんとか着てしまうことができます。

身丈も、大体身長くらいの長さがあれば、おはしょりや腰ひもの位置でなんとかなります。

身幅と身丈は、着物のサイズと長襦袢のサイズで、あまり関係がありません。(むしろ身長が大事)

※但し夏物は透けるので、着物の着丈マイナス2cmが長襦袢の着丈となるようにします。

でも、肩幅が着物と違うと、振りや身八ツ口から長襦袢が出てしまいますし。
袖幅違うと、袖口から長襦袢が出たり、着物の袖口が汚れちゃったりしますし。
袖丈が違うと、袂で襦袢があまったり、短すぎて袖から飛び出したりしちゃうわけです。

なので、ワタシの場合は、以下のようにカジュアル着物の寸法を決めています。

  • 肩幅:34cm
  • 袖幅:35cm(襦袢はマイナス1cm)
  • 袖丈:49cm (襦袢はマイナス1cm)


    ※本当は、33.5cm・35.5cmの方が、着姿のバランスが良いのですが、そうすると反物幅が足りないことが多くなるので、肩を34にしています。

    ※衿下寸法は、84cmになるように極力直します。 おはしょりから2~4㎝衿先が見えるのがベストで、通常は身長の半分目安です。 ワタシは腰紐の位置が少し高いので、この寸法です。

着物や襦袢を買うたびに、いちいちサイズを直すのは大変なので、嘘つきでごまかしたり、袖の中で長襦袢をつまんだりもしちゃいますけど。

羽織や道中着コート、雨コートなど、他にもいろいろ合わせないといけないものがあると思うと、いっそ寸法を揃えてしまうのが楽なのです。(お誂えなら作る時に指定すれば良いですが、ほとんどリサイクル着物なので)

袷の着物を自分でお直しするのは勇気がいりますが、長襦袢は着ちゃえば下手でも見えないですし、案外簡単に直せます。

サイズの合った着物や長襦袢を着るようになると、着姿も自然とキレイになっていきます。 「無理やりでも、着付けでなんとかすればいいや」と思っていましたが、やはり寸法って大事なのです。 サイズが合っていると、着崩れることも少なくなります。

【Q&A】着物と長襦袢の合わせ方・まとめ

ということで、長くなりましたが、まとめです。

綸子の襦袢は、紬に着れるか?

着れます。 最初は、ピンクや淡い色の襦袢が1枚あれば良いです。 留袖・色留袖・喪服は白い襦袢じゃないとダメですが、他の類の着物であれば、オールマイティーに使えます。 普段着なので、木綿やウールに着てもダメではないです。 ただ、普段使いしちゃいますと、当然いたみます。 高価な長襦袢しかない場合は勿体ないので、1枚カジュアル用を買い足しても良いですね。

着物毎に長襦袢のサイズは合わせるか?

枚数を持たないのであれば、嘘つきで対応したり、この着物にはこの襦袢と決めてしまっても良いですが。

長い目でみたら、着物のサイズ自体を揃えてしまうのが良いです。 当然、襦袢も上着も、サイズが揃うので、着回しが自在になります。 着姿もキレイになります。

最後になりますが、これまたおせっかいなことですみません。

これから着付けのお稽古を開始されるとのこと。 嬉しいです。 着物を着る方が増えるというのは、本当に嬉しい~

ぜひ、お稽古の行き帰りは、着物を着て通っていただけたらなーと思います。 やはり練習会場で着るのと、自宅で一人で着るのとでは違います。 最初のうちは頻繁に着るようにしないと、すぐに手が忘れてしまいますから、「家で着付けて出かける」という機会をたくさん作っていただけたらイイナーと思います。

お稽古着は、洗える着物で構わないです。 ただ、ポリと正絹の着物では着付けの勝手が違うので、正絹の着物も着てください♪

近い将来、着物でご一緒できたら嬉しいです!

by きりまる

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
11年間ほど写真館で着付師の仕事をしていました。 現在は、成人式着付やモデルさん撮影のお手伝いをしたりしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り等で着るキモノでお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るならでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆応援クリック、どうぞお願いいたします!励みになります~☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。