【着物紹介】紬の着物と色半衿~浅草寺・淡島堂のお針供養~おでかけレポ・その3

 

 

骨董市で買った紬。 自分でお直ししました。

芥子色の紬は、骨董市で買いました。 

身幅がだいぶ広かったので、脇縫いをつまんで身幅を詰めて。 
裄丈を出して、衿を短くして衿下寸法を合せました。
芥子色の紬

 

まだまだ針目がバラバラ&蛇行しているので、よく見ると縫い線がウニウニ曲がっています。(キセでカバーしきれない。) 糸が見えてるところもあるし、ワタシの着物は、見れば見るほど「アラ」だらけー!!
アラだらけ

 

まあ、近づいてじっと見なけりゃわからないと思いますので、知らん顔して今後も着て歩こうと思っています。
遠目に見たらわかんないよね

 

半衿は男物の色半衿で!

この日の半衿は「男物の色半衿」の茶色を使っています。
芥子色の着物に茶色の半衿

 

以前「半衿は白!」と着付けの先生に言われたことがありますが、七緒のこの記事を見てどうしても「男物半衿(茶色)」をつけてみたくなっちゃったんです!

 

色半衿の時は、肌襦袢に小衿芯を使わない方がいいのね~

失敗だったのは、肌襦袢の衿に「小衿芯」を入れてしまったことです。
小衿芯

 

 

出かけた先で気づきましたが、茶色の衿に白い縁が、めっちゃ目立つ――――!!

幸いにしてワタシは身長163cmあるので、草履を履いたらさらにデカくなりますからね。 上からのぞかないと見えないかとは思いますけど。
衣紋の内側

 

階段とかエスカレーターとか、どうしても上から見られることになりますからね。 色半衿の時は、襦袢の中に隠れるタイプの肌襦袢にしないといけないんだなーと、今更悟った次第です。

 

自分で染めた江戸小紋のバッグと合わせて♪

帯揚げを紫色にしたのは、自分で染めた江戸小紋のバッグと色を合わせようと思ったからです♪
小紋のバッグと紫を合せて

 

実際に持ってみたら「あれ?ちょっと違うかな?」と思いましたが、帯揚げをアイボリーや薄い茶色にするとめちゃめちゃ地味~になって見える気がして、濃い紫のまま出掛けちゃいました。

バッグのご紹介は、次の記事にて!

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください