【和装バッグ】江戸小紋手提げ~小紋染工房「小林染芸」さんで染めた江戸小紋バッグが出来上がってきました♪

素敵なバッグが出来上がってきました!
江戸小紋染工房「小林染芸」さんの伝統工芸「江戸小紋染め」体験で誂えていただいた「和装バッグ」です。

江戸小紋オーダーバッグ

 

とっても素敵なバッグに仕上がっていて、嬉しいです!
早速2月8日の針供養のお出かけに使わせていただきましたよ~
オーダーバッグでお出かけ

 

■お針供養のおでかけレポはこちら

 

■江戸小紋染工房「小林染芸」さん染色体験レポはこちら

 

 

江戸小紋のオーダーバッグ

丹後ちりめんの白生地に、ワタシが染めた江戸小紋はこちら。
江戸小紋の作品

 

バッグにするなら、もっと可愛い柄にすればよかったかな?とか、もっと明るい色にすれば良かったかな?とか、いろいろな思いがありましたけど。

出来上がってきたバッグはとっても素敵で、「結果オーライだったなー♪」と思ったゲンキンなワタシです。
江戸小紋お誂えバッグ

 

バッグの底には「底鋲」付きで。
底鋲バッグ

 

中にはファスナー付の仕切りポケットもあって、とてもしっかりした作りのバッグです。
江戸小紋バッグの作り

 

オーダー和装バッグのサイズ感

ワタシが注文させていただいたバッグは、2タイプのうちのスモールサイズの方です。
トートバッグ

 

膝の上に乗せてちょうど収まるくらいのサイズ感。 
和装バッグのサイズ感

 

さすがにレンズの大きなミラーレスカメラは入りませんでしたが、荷物の少ない方なら、このバッグ1つでお出かけできると思います。

ギュウギュウ・ぱんぱんに物を入れずに、スッキリ持つのがポイントですね。 入りきらない荷物があるなら、サブバッグで2つ持ちするのが良さそうです。

「自分で染めたの♪」と言えるオーダーバッグは、見ているだけでなんだか嬉しくて、幸せな気分になれますよ~
和装手提げバッグ

 

21㎝X37.5cmのハギレ付き

仕上がったバッグと一緒に、残り裂が入っていました。 (裏に芯を貼ってくださいました。)
残り裂

 

測ってみたら、21㎝X37.5cmあります。
江戸小紋の残り裂

 

もしかしたら、バッグとオソロの鼻緒も作れる?!

調べてみたら、下駄と草履の専門店「福島履物店」さんのHPに「1足分で幅8センチ、長さ40センチ、あるいは4×40センチ2枚の布が必要です。」と書いてありました。

うーん、微妙だ。 37.5cmならなんとかなるかな?!

「雪駄、草履、いー下駄ドットコム。福島履物店」さんは、東京都八王子市にある老舗の履物屋さんです。

八王子なら訪ねて行ける♪ 
近いうちにお伺いしてみようと思います。

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください