板橋区にある江戸小紋染工房「小林染芸」さんで、伝統工芸「江戸小紋染め」体験をさせていただきました!

江戸小紋体験レポ

 

これは楽しい! 

小林染芸さんでの体験の様子(江戸小紋染めの手順)を、ご紹介いたします♪

 

 

型紙&色えらび

小林染芸さんには、たくさんの「伊勢型紙」があります。

伊勢型紙

 

上の写真で、左右の机の上にある黒っぽい紙が「伊勢型紙」です。

伊勢型紙の例

 

■伊勢型紙とは。
伊勢型紙は、和紙を加工した型地紙に彫刻刀で、きものの文様や図柄を彫り抜いたものです。 
詳しくは、伊勢形紙協同組合さんのHPでどうぞ。

 

ねー?!すごいでしょう? いろいろな柄の型紙が、まだまだたくさんあったんですよ。
伊勢型紙1

 

伊勢型紙2

 

江戸小紋というと、鮫・角通し・行儀といった三役や、大小あられ・万筋といった裃(かみしも)柄がすぐに頭に浮かびますが、更紗柄や華やかな花柄なんかもありました。 モダンな柄から古典的な柄まで、一口に「江戸小紋」と言っても実に多様!
花柄の型紙

 

江戸小紋柄1

 

江戸小紋柄2

 

「寄せ小紋」とは?!

ちなみに「寄せ小紋」というのは、いろいろな柄を寄せたタイプの小紋柄をいうようです。

例えばこちらは↓「この型紙を使って染めるとこんな感じに出来上がる」といった染め見本ですけどね。
染め見本の型紙

 

染め見本

 

『いろいろな柄が寄せてある』って、↑こういうことなんだろうなーっと。

もちろん、同じモチーフの連続柄のタイプもあります。 これは「かぶ」柄ですね。
かぶの柄

 

もともとはお大名の裃から始まったという「江戸小紋」ですが、庶民の間に広まるにつれて「植物・文字・風物詩・道具・縁起物」など、いろいろなモチーフの柄が登場しています。 

江戸小紋を着物で着る場合には、柄によって紋を入れてセミフォーマルで使用できるものと普段着にしかならないもの(紋は入れられない)とありますが、帯や羽織にこりたい時にも重宝するので、江戸小紋は1枚あると便利な着物と思います。 (紋を入れるなら、三役柄から選ぶのが無難です。)

 

体験で染めた江戸小紋の布は?!

この日は、二尺(76cm×36.8cm 絹100%)の一越ちりめんを染めさせていただけるということで。
ひと越し縮緬2尺

 

■丹後ちりめんの一越縮緬

ちりめんといえば、丹後ちりめん・浜ちりめんが有名ですが。 今回染めさせていただいたのは、丹後ちりめんのひとこしです。 布地に裏表はないとのこと。
縦糸を1本こすから一越で、2本越すと二越になる。 越す本数が多いほど、シボが大きくなるのだと伺いました。

 

カラーは4色。 染め上がった江戸小紋はどう使う?

希望をすれば、バッグや袱紗、お財布などに加工もしていただけるのだそうです。
江戸小紋バッグ

江戸小紋バッグとお財布

 

江戸小紋袱紗

 

ワタシは最初「下駄屋さんに持ち込んで鼻緒を作っていただこう!」と思って型紙選びをしたのですけど。 お友達がバッグに加工してもらうと聞いて、途中でワタシもバッグが欲しくなっちゃいました。

鼻緒のつもりで細かい柄の型紙を選んだのですが、バッグにするならもう少し大きめの華やかな柄でもよかったなーっと。

染め色は、ピンク・黄色・紫・緑の4色から選べます。

染め色見本

染め上がった江戸小紋の布を最終的に「どう使うか?」で、選ぶ柄やカラーは変わってくると思いますので~ 途中で心変わりをしないように、最初にしっかり決めておかれることをオススメします♪

 

型紙が決まったら、水に浸してしなやかにしていただきます。
水に型紙

 

小紋染めの板に布地をセット

小紋染めの板は、もみの木の1枚板だそうです。 すごいですよねー約7mもあるんですって!(厚さ約2㎝、幅約40㎝)
小紋染めの板

 

着物の着尺の反物が、大体12~13mくらいなので、1回送って貼り直す感じですね。 江戸時代は、南に大きく窓を取って、日を入れて部屋を明るくして作業を行ったそうなんですよ。

今は電気の灯りで作業をしますが、びっくりするのは天井に釣られた多数の板です! 背の高い人は頭をぶつけるので、注意が必要~
江戸小紋の板の収納

 

トンボと呼ばれる「脚」に板を置いたら、ゴミが付着していないか?ヘラで表面をキレイに平らにしていただきます。
板をおいたところ

 

ヘラで表面をキレイにしているところ

 

そして、濡らした布で板の表面を湿らせると板がペタペタになるんです。 あらかじめ「餅粉」で作った糊が塗られているそうです。
板を湿らせる

 

板がペタペタ

 

ペタペタになった板に布をはります。 この板に生地をはることを「地張り(じばり)」と呼ぶらしいです。
白布をはる

 

歪まないようにまっすぐと。 布と板の間に空気が入らないように、ぴったりと。 これがなかなか難しいのですが、なんども貼り直していると糊が乾いて、くっつかなくなる!!

はりおわったら、マスキングテープで縁を保護します。 布が動かないようにというよりは、板を汚さないようにという意味があるようです。
テープで保護

 

当然ですが、テープを貼った部分の布は染まりません。 なので、できるだけまっすぐなのが良いのだろうと思うのですが、ワタシの仕事はこの通り(苦笑) 
マスキングテープの出来栄え

 

地張りが済んだら、型紙をセットしますよ。
江戸小紋の型紙セット

 

長くなったので、次の記事に続きます! 続きも見てやってくださいねー

■続きはこちら

 

■小林染芸さんでは、春と秋の期間限定で体験教室を開催してくださっています。(5月&11月)
 詳細は公式サイトでご覧ください。

FBもフォローしてね!

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。