2019年お正月の着物・その2は、70代母のコーデです。
金さごの縮緬着物に、手刺繍の松の帯を締めました♪

70dai-kimono-syougatsu2

 

70dai-kimono-syougatsu1

 

 

 

無地?小紋?金さご着物

こういう着物は、無地になるのか? 小紋になるのか?  区別がよくわからないのですが、金さごを散らしたような縮緬地の着物です。
金さごの着物

 

金さごの着物の柄

 

数年前に骨董市でしつけ付の状態で見つけた着物です。
サイズ的に母にちょうど良さそうだったので、「そのうち着る機会があるかな?」と売らずに仕舞っておいたものを出しました。

もう少しアップで見ると↓こんな感じ。
金さごのアップ

 

縮緬の着物

 

紋は入っていませんが、金色が目立つのでなにやらおめでたい感のある着物ですよね。

裾廻しがちょっと凝っていて、桜の柄入りなんですよ。
裾回し 桜の柄

 

八掛の柄

 

金色・松の手刺繍名古屋帯

合わせた帯は、金色ベースに松の刺繍が入った名古屋帯です。
松の刺繍の名古屋帯

 

松の刺繍帯

 

昨年、ワタシがお召しの着物に締めた帯ですが、松の「おめでたい感」がお正月にぴったり!
というよりも、お正月以外に締める機会が見当たらないという《新年用帯》でございます~

 

刺繍の感じがすごく好き。
松の刺繍アップ

 

70代の母が締めて似合っていたので、まだまだこの先長ーく使えそうです♪
帯70代

 

帯締めと帯揚げ

帯締めは、白+金で少しフォーマルっぽく。 帯揚げは、松のカラーに合わせてみました。
白金の帯締め

 

帯揚げの緑

 

締めてみるとこんな感じ。 長襦袢も緑にしたので、「全体的にまとまって見えるかも♪」と自己満足をしています。
帯の前帯

 

カジュアルにもフォーマルにも使えそうな道行きコート

防寒用のコートは、カジュアルにもフォーマルにも使えそうな道行きコート。 黒のファーショールを合せました。
お正月道行コートとファー

 

 

道行衿ですし、金糸と銀糸で柄が入っていますので、フォーマルシーンでも使えそうなコートですよね。
道行コート

 

道行コートの柄

 

金糸の柄

 

銀糸の柄

 

コートの裏地は、ぼかしのクリーム+グリーン系です。
コートの裏

 

クリーム色って一瞬「黄ばんでいるように見える」ので、シミができたりしないように気を付けないと。

初詣で屋台を楽しむなら撥水性の風呂敷持参で

甘酒飲んで、大阪焼きやこんにゃく食べて。 
着物で屋台の飲食を楽しむのは気を使いますが、初詣に着物って絵になりますねー
お正月に着物70代

 

歳をとっても、若い人に負けないお洒落ができるのが、和服の良いところだと思います。

撥水性の大判風呂敷を持参すれば、屋台の美味しいものも大丈夫です。
ただし、赤い風呂敷だとお地蔵様みたいに見えちゃいますので、御注意ください(笑)

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。