【長着と襦袢・身丈の関係】薄物(絹紅梅)の長襦袢。襦袢の長さは長着のマイナス2㎝で!

※2019.09.17 着丈X0.8から「長着のマイナス2㎝」へと書き換えました。


先日、絹紅梅の着物を着ました。「高級浴衣」と呼ばれる盛夏用の薄物。夏着物です。
絹紅梅前日に絽の長襦袢と絹紅梅を合わせてみて、あれ?と思いました。 透けて見える襦袢の丈(裾)が短すぎる!!(上の写真はお直し後です)
慌てて、薄物着物と長襦袢の身丈の関係を調べましたので、覚書として書いておこうと思います。

一般的な長襦袢の丈とは?

袷の時期は、ワタシ、二部式の「嘘つき」襦袢を着ることが多いので、あまり気にしたことってなかったですが。
長襦袢の身丈は、身長マイナス30㎝。 もしくは、×0.8くらいがちょうど良い長さなのだそうです。

⇒和裁のお友達から「長着の丈のマイナス2㎝」と教えてもらいました。

って、これ、基準は肩?背?どっちかしら? 肩と背では、結構長さが違ってきますもんね。

また、人によって肩回り・腰回りの肉付きが違いますから、ふくよかな方はその分長めにする必要があるわけで。 あくまで目安ということにはなりますね。

ワタシの絽の長襦袢を測ってみました。 背で計って、126㎝ありました。 ちなみに身長は163㎝です。 単衣やあまり透けない夏の着物には、この襦袢の身丈で何度も着ています。
絽の襦袢

 

ところがですよ。
すっけすけの絹紅梅に着てみたら、なんだか短い!!  丈の違いがめちゃめちゃ透けて見えるので、バランスが悪く感じました。

薄物と長襦袢。 着姿で見て、裾が10㎝「2㎝」短いくらいがキレイらしい。

薄物と長襦袢。 着姿でどのくらい裾の長さが違うのが「適当」なのかしら?・・・・そう思って調べてみたけど、的確な答えが見つかりませんでした。

  • 薄物は、キモチ、短めに着る。
  • 薄物は透けるので、長襦袢の身丈は大事。

ええ、それはわかっているんですよ。 じゃあ、どのくらい襦袢が短いのが良いのですか????ってところが知りたい~

必死に調べて分からなかったので、和裁の先生に電話で教えていただきました。

「その方の体型によって変わってくるので、一概に背から何センチ・肩から何センチとは言えません。 襦袢と着物を着た際に、襦袢の裾が10㎝くらい短いのがバランス良いと思いますよ。」

なるほどです。
あまり短くても変ですし、あまり長いと着物の裾から出ちゃいますので、10cmくらいが妥当なところということですね。

 

※足さばきを考えると、10㎝短いくらいが好きとおっしゃる方も多いようですが。 薄物は透けるので「なるべく長着と長さを揃える方が見た目が良い」というお話を聞きました。 あくまで好みのお話ですが、長襦袢が裾から顔を出さないように2~3㎝くらい短い襦袢を着るとよいそうです。

絽の長襦袢の裾出しをしました。

襦袢の裾を、4㎝ほどおろしてみました。 衿先の縫込みが無かったので、これでいっぱいいっぱいです。
絽の襦袢裾出し

 

絹紅梅の着物に着てみました。

薄物の襦袢の裾丈

どうでしょう? これで大体10㎝くらいの「身丈差(着姿で)」かと思います。 以前はこれより4センチも短かったのですから、やっぱり裾だししてよかったですね。

薄物の裾

写真を撮るアングルとか、ワタシの立ち方でもちょっと「長さ感が違って見えます」が。 草履を履いてこんな感じでしたから、これでベストと思っています。 絽の襦袢の身丈は「背で130㎝」です。

※追記:163cm身長なら、長襦袢は133か134cmくらいが目安ですって。

絹紅梅の長襦袢丈

こうして見ると、10㎝も違わないように見えますけどね~ カメラを持って下を向いているからですかね。
襦袢の裾線

ちなみに、着付の際の長着(絹紅梅)の裾線は、かかとが1㎝見えるくらいを目安に着付けております。
着物の裾線

長襦袢を着ると、前の裾線は後ろに比べてかなり上がって短くなって見えますが。 長着(絹紅梅)の前は、左右の身頃が2枚重なるため、前裾は短くなっても気になりません。

薄物の襦袢の裾線(丈のバランス)は、背縫いあたりの後ろで確認してくださいね。

 

夏の襦袢。素材によって、身丈の長さのベストは変わるようです。

この夏、小千谷縮の着物を自分で仕立てましたので。 着物に合わせて、麻の長襦袢のサイズ直しをいたしました。
麻の襦袢

そしたらね。
麻の襦袢は、同じような身丈のバランスを取ろうと思うと、背から測って133cmになるんですよ!!

麻は、シワシワで多少着ぶくれもしますから、そのせいでしょうか?

小千谷縮と合わせて着たのでご参考までに。

 

★おまけ★絹紅梅の着物

絹紅梅は、ワッフルみたいな格子が特徴。 透ける夏の薄物です。
絹紅梅のアップ

絹紅梅

「高級浴衣」と呼ばれますが、スケスケなので長襦袢は必須です。 普通の浴衣のように、肌着に直接着ることはできませんので、足袋を履いて・半衿付けて、夏着物として着てください。

絹なので、長襦袢も正絹の絽か紗のものが相性が良いと思います。

街着として・普段着として、カジュアル用に着る着物なので、名古屋帯や半幅帯が合います。 写真でワタシは絽綴れを締めていますが、紗献上の博多帯やざっくり系の八寸帯も良く合うと思います。
絹紅梅の帯合わせ

この日は、お友達と六本木のミッドタウンへ行ってきました。
お出かけの様子は次の記事にて♪

楽天市場で「絹紅梅 着物」と検索しました。

◆amazonでも。

※↑フルオーダーのお仕立て付き♪

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください