【着物紹介】麻の着物と三越謹製麻の八寸名古屋帯~フェリシモ色鉛筆イベントへ

フェリシモさんの色えんぴつイベントへ着て行った「麻の着物と三越謹製・麻の八寸名古屋帯」です。

麻の着物と帯

7月半ばのおでかけでした。
雨が降ったりやんだりのぐずついたお天気で、蒸っし蒸し~
透け対策で重ね着しすぎた。 衿元開けても暑かったーーーー!

小千谷縮の麻着物

水色ストライプの麻の着物は、小千谷縮です。
昨年、自分で仕立てた着物♪ 
小千谷縮の着物

【涼しく着るには、衿元開けて・半衿は細く少しだけ見せるようにして、帯揚げも少しだけ出すくらいで。】と教わりましたが、どう着たって暑いものは暑いですね。

長襦袢も麻ですけどね。
透け対策で、長襦袢の下に汗取り肌着を着ています。
裾除けの下に、ステテコも穿いています。
往路は、雨コートも着ていたので、そりゃあ暑いよね。

この日、何度か「着物、暑くない?」って聞かれましたけど、暑いか?暑くないか?と言えば、暑いです。

でも裸でいたって暑いような日ですから、サラっと着心地が良い分マシかな~
多分、皆さんが思っているほどではないような気がします。

しかし、この麻着物の着膨れ感は、見た目の暑さを誘いますねー 丈を短く着ているから余計、ずんぐり見えるのかなー?
麻着物シワシワ

先日雨下駄を壊しちゃったので、足元は「撥水加工の足袋カバーにカレンブロッソ」です。
小雨程度なら、まあなんとか。
雨の足元

三越謹製・麻の八寸名古屋帯

帯は三越さんのタグがついた麻の八寸名古屋帯です。 今年4月、大和の骨董市で見つけました。
麻の帯

 

少し長さが短いですけど、一応、小細工せずにお太鼓できたのでヨカッタです。 
お太鼓結び

麻の帯お太鼓

本当は、銀座結びや角だし結びの方が、見た目にも体感的にも「涼しい」のだろうと思うのですけど。
どうしても、電車で「座りたい!」という気持ちがあるので、お太鼓結びにしちゃうんですよねー

髪色がオレンジなのが、これまた暑苦しい感じですな。
ただいま、白髪染めSTOP中です。 銀髪目指します!

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください