【着物紹介】羅織りの羽織~自分で裄出ししたリサイクルの羽織♪

骨董市で購入した羽織を、自分で裄出ししました。 多分、正絹の羅です。

羅の羽織

透け感

覚書も兼ねて、掲載しておきますねー

羅の羽織の使用時期

羅の羽織の使用時期は、「桜が散るころから」と呉服屋さんの商品説明に書かれているのを見ました。
一般的に、透けるなどの涼感のある「ちりよけコート」が、桜の花が満開を過ぎたころから9月までです。

羅の道行きコート
関連記事

【羅織りコート】単衣時期と盛夏に最適。紺系カラー・よろけ縞風…

Read More

 

 

羅の場合は、4月半ばではまだ少し早いような気がしますけど。 

単衣の着物(長着)を着るのがGW明けくらいからなので、その上に羽織るにはいいかな。 「羅織り」と言っても網目の感じはいろいろで、割と詰まっているものもあれば、ざっくりと穴だらけみたいなものもありますもんね。 生地感にもよるかと思います。

この羽織は、割と目が詰まっている方ではないかな? でも、盛夏にだって着ちゃいますけど。
羅の羽織の生地

 

吹き出しきりまる

夏羽織は、「5月中旬~6月上旬と9月の初め(盛夏はのぞく)」と、ちょっと古い本に書かれているのをみました。(ハクビ・着物教本・知識編) コートであれば、盛夏に羅や紗を着るということですけど。 羽織は、室内で脱がなくて良い上着なので、だから真夏は着ないのかな? 現代の冷房対策には良いと思うので、これも時代の変化かなー?なんて思いました。 ワタシは、7月上旬のお出かけに着ました。 今後も盛夏に着ちゃうと思います。 下の文章も、「羽織→薄物コート」であったかと思いますので、修正いたしました。 2020.07.17

羽織薄物コートの着用時期について、何の本だったか? 「絽の羽織は単衣時期。紗の羽織は盛夏に着る」というのを見たことがあります。 じゃあ、羅は?って思いましたが、書いてなかった(笑)

羅の羽織はカジュアル用ですが、お出かけ時に帯や着物を守るのに良いです。 コートよりも気軽に・多少は涼しく着れるところが気に入っています。

 

単衣の裄出し

袖付を解いて、裄出しをしました。
単衣の裄出し

羅織りの生地は、耳ぐけの針目が目立たないので良いですね。 初心者さんでも、キレイに仕上げていただけると思います。

単衣の裄出し自体も割と簡単。
やり方は、先日、和裁教室の先生の説明を動画に撮らせていただいているので、後日YouTubeにアップしますねー

本当は、羽織丈も長くしたかったのですが、衿の縫込みが数センチしかなかったので、やめました。
衿の縫込み

羽織って、身頃にはたくさん返しがあるのに、衿には入っていないことが多いので、長さ出しできるものって珍しいです。
※一巾分畳んで衿にしてある場合は、真ん中で継いで長くすることはできるそうです。今回はそこまでしませんでした。
羽織の身頃

 

この羽織の丈は、肩から測って84cmになります。 夏物ですしね(あまり長いと暑苦しい)。 まあ、これだけあれば良いと思って着ています。
羅の羽織の丈

羽織の丈・前から

 

羽織の羽織紐

夏用の羽織の羽織紐は、レースの帯締めみたいで涼し気ですね。 左右で微妙に色味が違う一対になっていました。 もしかして、左右の色が逆かな? 目立つ方が左と思ってこのように付けましたが、濃い方が左かしら?
羽織紐

 

乳の位置がね。 若干上過ぎ。
乳の位置

乳の位置

 

まあ、許容範囲かなー?とも思っていますが、本当は↓このくらいがベストだそうです。 帯揚げと帯締めの真ん中ですね。
羅の羽織の乳の位置

今度、余裕のある時に「付け直し」をしようと思います。

■羅織り羽織のサイズ覚書

裄:70.5
肩巾:34.5
袖巾:36
袖丈:47.5
羽織丈(肩):84
前巾後巾:19/31
マチ:6.5
衿巾:5.5

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、今はモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)を時々お手伝いしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……等の着物で、お悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください