【着物紹介】明石縮?交織?夏お召し風の着物と寸法間違えた雨コート&お友達の着物♪

亀戸にお出かけした際の、ワタシとお友達の着物とコートをご紹介します!

亀戸着物1

亀戸着物2

 

お友達の装い

まずは、いつも素敵なコーディネートのお友達の装いから♪ 黒いレースの道行コートに、キレイな藤色小紋の絽のお着物です。
お友達の装い1

 

レースの道行コート

レースの道行コートは、お子さんの入学式用にお求めになられたそうですが、コロナ禍でこの日がお初となったそうです。
laceのコート

 

フォーマルにも使えるスリーシーズンコート、あるといいですねー!

ワタシはスリーシーズンコートを持ってはいませんでしたので、息子たちの入学式に行く際に、袷の道行コートを着ましたけれど。 なんとなく重たい印象はあった気がします。

袷の上着は紅葉が色づく頃~桜が咲くまで」と言われていますから、関東でしたら4月の上旬に着てもOKだとは思うのですが、「やっぱり、単衣や薄物のコートがあれば良かったなぁ~」と、今更ですがそう思いました。

吹き出しきりまる

今ね、ヤフオク出品中の黒いレースの道行コートがあるんですけど。 残念ながら、ワタシにはちょっと裄が足りないのです。 これから「着物でご入学式に出席したいなー」とお考えの方、絶対にお得なのでぜひどうぞ! 売り切れちゃったらごめんなさい。
>>出品情報:【道行コート】スリーシーズンコート

 

話がそれてしまいましたが、お着物は「絽」です。 とても爽やかなお色で、目を惹きました!
絽の着物

 

後ろ姿を撮らせていただくのを忘れてしまったのですが、帯は絽塩瀬の染帯(手描きの名古屋帯)です。 こちらもとても素敵でしたよー

 

ワタシが仕立てた雨コート・寸法を間違えてましたー!

この日、家を出る際には、まだ雨が少し降っていましたので、自分で仕立て上げた出来立てホヤホヤの雨コートを着ました。
雨コートの出来栄え

 

初めて着てみて気づいたのですが「なんか、衿元、開きすぎじゃない???」
衿元

 

なんでだろう???と、帰宅してから採寸表を見て、開いてる理由がわかりました。 ワタシ、立衿下がり寸法を「23⇒28」と間違えたみたいなんです! 

やっとできたと思ったのに、残念だなぁ。直さなくっちゃ。。。

ちなみに、なんとなくシルエットが「ずどん」として見えるのは、コートの内紐がまだ付いていないからだと思います。(苦笑)
雨コートのシルエット

 

「コートの内紐がないくらい、階段上がる時さえ気を付ければ、何の問題もないだろう」と思って、着ちゃいましたけどね。(まだ、出来立てホヤホヤじゃなかった) 

コートの中紐って、思った以上に大事なんだなー!と、写真を見てつくづく思いました。

 

明石縮?交織?よくわからない夏お召し風の着物

お着物は、多分正絹だと思うのですケド。 証紙や反物端がないので、なんという着物(生地)になるのか?よくわからないのです。
夏のお召し風

 

シャリシャリっとした手触りで、写真ではわからないかもしれないですが、透け感が少しあります。 
着物のアップ

 

業者さんに見て頂いたら「正絹でしょう? 十日町かな?」と言われました。
呉服屋さんに見ていただいたら「明石かと思ったけど、少し厚いよね。 着た感じ、ポリじゃないんだよね? 交織かな?」と言われました。

衿裏は、多分正絹の絽だと思います。
背伏せも、多分正絹だと思うので。 ってことはですよ、化繊100%ではないと思うのです。(普通化繊に正絹は付けません)

試しに、袖の丸みの余り布を少し取って、燃やしてみました。 

吹き出しきりまる

化繊を燃やすと、シュッと黒くて硬いコゲになります。 絹を燃やすと、サラサラと崩れる灰になります。 化繊と絹では燃焼の際のニオイも違うので、比べてみるとわかると思います。

燃え方はね、絹のそれだと思うので、やっぱ正絹だと思うんだけどなー!!

試しに、下前の裾にペットボトルの水を垂らしてみたところ、コロンと丸いしずくになるので、撥水加工がされているようでした。

ってことはわかったのですけどね。 やっぱり「夏お召し系の着物かな?」って思うくらいで、はっきりとはわかりません。 交織?ってことも、まだ否定はできませんしね~

こうなると、反物端って大事ですね。
もしもお誂えをされたなら、絶対に捨てずに取っておいてくださいねーーー!! 

自分的には、とても気に入っている着物です。 さりげなく市松になっているところが、すごく好きです。 
市松模様

 

我ながら、なかなか似合うじゃん♪と思っています(笑) 写真は、江戸鼈甲さんの帯留で!
お気に入り

 

夏帯・九寸名古屋帯

締めた帯は、自然布みたいな風合いのある九寸名古屋帯です。(下の帯留は、タイガーアイです)
九寸名古屋帯

 

今更ですが、以前は「袋帯だと思っていた」ので、無理やり二重太鼓を締めていました(汗)

今、帯の長さを測ってみたら「387cm」でしたので、どう考えても名古屋帯だな。 てっきり「洒落袋帯」と思っていたけど、なんでそう思い込んでいたのかしら?

九寸名古屋帯ですが、素朴な風合いのある織地なので、柔らかい絽の着物よりは、紗紬の着物に合う気がしています。 この帯もまた、お気に入りの一本です~

吹き出しきりまる

次の記事では、素敵なお色に染め上がった「能登上布」をご紹介させていただきまーす!

 


◆素敵!吉澤与一さんの明石縮です。変わり市松♪

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、今はモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)を時々お手伝いしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……等の着物で、お悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください