【色掛け】生成り・十字絣の能登上布を濃茶に染めていただきました!

汗ジミが出てしまっている生成り色の能登上布です。 
汗ジミ

上布色掛け

 

このままでは着れそうにありませんし、プロにシミ抜きをして頂いても「キレイにはなりそうもない」ということでしたので。
そめの近江さんにお願いをして、汗ジミと同じ色めの濃い色で、色掛けをしていただきました!
とてもキレイなお色に染め上げてくださいましたよー!

 

生成り・十字絣の能登上布

能登上布(のとじょうふ)は、石川県鹿島郡の中能登(鹿西町・羽咋市)あたりで織られている麻の平織物です。
細かな十字絣は「蚊絣(かがすり)」とも呼ばれます。
能登上布

 

「さらりと軽くて涼しくて」と夏に人気絶大の麻着物ですが、特に細い上質な「苧麻の糸」で織った麻布を「上布」と言うそうです。 能登上布は、代表的な上布として知られる麻織物の1つです。

そんな能登上布のお着物なのですが、残念ながら上の写真のように、汗ジミが背中にどばーっと出ておりまして。 

衿や袖口にも、結構ガツッと。
衿のシミ

袖口の汗ジミ

 

夏物ですから、汗シミは出やすいですしね。
生成り色ですから、シミの色が目立ちますしね。

仕方のないことではあるのですが、さすがにこのままでは着れません。
かと言って、ハギレにしたり・着物以外にリメイクするには惜しすぎます。

そめの近江・経堂店さんに相談したら、「汗ジミがわからなくなるようなお色に? いいですよ、色を掛けてみましょう」と言っていただけたので、ヨカッタです。

 

色掛けの色見本

汗ジミが目立たない色となると、やはり茶系になりますね。
色見本を見せていただきましたが、たくさん色がありすぎて、どの色にしようか?決められなくて。

色見本1

色見本2

色見本3

色見本4

 

解いた反物を脱色して、一度白生地に戻して染めるのとは違い、色掛けの場合は元の地の色が残りますから、色見本で選んだ色と同じ色に染まる訳ではありません。

能登上布の特徴的な蚊絣も、もしかしたら濃い色でつぶれてしまって、ただの無地になってしまうかもしれませんし。 こればっかりは、実際に染めてみないとわからない、「ある意味冒険」なのだと伺いました、

ただでさえ色見本から自分に似合いそうな色が選べないのに、微妙に色が変わるとなると、それこそどう色を選んで良いのか?わからなくって~

結局、店長さんと同行してくださったお友達(美大卒!カラーコーデ得意)に「これかこれ!」と2色に絞っていただき、3368番に決めました♪

色掛け3368

 

コロナが蔓延する前の2月下旬のことでした。

 

能登上布の色掛け・仕上がり♪

割と早くに、そめの近江さんから「素敵なお色に上がりましたよ!」とお電話をいただいたのですが、コロナ禍でなかなか取りに行けずにおりましたけど。
6月末に、ようやく出来上がった反物を手にすることができました!

能登上布の色掛けあがり

 

ホント、いい色!
上布の色掛け

 

正直言うと「どんな色を選んだのか?」、すっかり忘れてしまっていたのですけどね~(笑)

色見本の写真と比べてみると、ほぼほぼ同じお色に仕上げていただけたようです。蚊絣もしっかり残してくださいました。 

もちろん汗ジミも消えていますよー! 嬉しいです。ありがとうございますーーー!!
能登上布の蚊絣

十字絣の能登上布

 

能登上布+小千谷縮の淡色長襦袢地

麻の着物には麻の襦袢!ということで。
薄グレーの小千谷縮の襦袢地と重ねてみていただきました。
麻の襦袢地

麻の襦袢と能登上布

 

白い盛夏の襦袢も涼し気で素敵ですが、洒落物だったら淡いお色もいいですねー!!
色付きの麻の襦袢は、単衣時期にも活躍します。(上布は盛夏のみですが)

 

色を掛けて仕立て直す、着物愛♪ 

なぜか?古い着物や帯に惹かれますので、古物商まで取ったワタシ。 セカンドハンドの着物に手を入れて、もう一度世に出すことに喜びを感じています。

そんなワタシが、最近すごく素敵な本に出逢いました。 青木玉さんの「着物あとさき」です。

 

お母様の持ち物であった着物や反物を蘇らせるべく、職人さんや工房さんを訪ねて、その妙技をご紹介してくださっています。

 

解いて洗って仕立て直して。 それができる和服ってすばらしいなーーーーっと!!

そんなこともあり、今回、色掛けで能登上布が見事な再生を果たしたことに、大満足しているワタシです。
能登上布リメイク

能登上布解き洗い

 

もしもご自宅に、シミや汚れ・サイズが合わないなどの理由で、箪笥の肥やしになったままのお着物があったならば、ぜひ、呉服屋さんや悉皆屋さんにご相談になってみてください。

色を掛けたり、白生地に戻して染め直していただくことができたなら、着物やコートに仕立て直して、もう一度お召しいただくことができるかも?です。
反物自体サイズが小さい場合は、着物に直すことは難しいかもしれないですが、帯にだったらできることが多いですし。
お子さん用の着物に直すという手もあります♪

 

今回の色掛けにかかった費用

今回かかった費用は以下の通りです。

  • 着物の解き:1540円
  • 色掛け・端縫い:18700円

※解きは自分でやればO円です。 今回はキズを付けたくなかったので、プロにお願いをしました。
※仕立ては自分でやります。 依頼する場合は仕立て代がかかります。(2万円くらい)
※衿裏や居敷当てなどの付属品が必要なこともありますが、新品を誂えるよりはかなりお安くできると思います。
※上布(麻)なので、手入れは自分で洗うことを考えて、撥水加工は依頼しませんでした。

 

吹き出しきりまる

料金は、着物・反物の種類や状態によって変わりますので、一度お見積もりを取ってみることをおすすめします。
見積だけなら無料でお願いできると思いますので、あまりに高額になるようでしたら、諦めるという選択肢もあります。

ワタシは、まずはこの能登上布の仕立てを頑張らないと!なんですけどね。
もう1枚、上前の裾にドバーっと汚れが付いた「明石縮」がありますので、次はこちらもお願いしたいと思っています~

◆そめの近江さんの公式HPはこちら
>>ホーム > お手入れ > 傷みの激しい着物の処方

そめの近江

※「ブログ・キモノ-着るならを見た」とお伝えいただけると、嬉しいです♪

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、今はモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)を時々お手伝いしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……等の着物で、お悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村