【阿波しじら織】グラデの縞を「ぶっつけ」にして失敗~解いて直そう!

昨年の9月に買った「阿波しじら織り」のゆかたです。 
2020年中に縫い上がっていましたが、季節的に着ることができず、先日ようやく袖を通してみましたが。 

しじらのゆかた

柄合わせを失敗してしまいました。(涙)
自戒の念を込めて、ご紹介します。

「ぶっつけ」→「おっかけ(追い裁ち)」にすべきでした。

濃い藍色と薄いブルーの縞模様。 今回ワタシは、あえて「ぶっつけ」にしたんですよね。 
※正しくは「寄せ裁ち」→通称突き合わせ・ぶっつけ(後ろ中心で左右対象)

阿波しじら織りとは


以前ヤフオク出品した↓この雨コートの感じが好きだったからです。

Sold Out【二部式雨コート】

でも、反物巾も縞の入り方も違ったので、ワタシが希望したようにはならなくて、袖付あたりに濃い色を出すことができず、仕立ててみたら「なんだかなぁ~」みたいな結果になりました。

しじら織り「反物」の記事はこちら

【阿波しじら織】反物購入。単衣(ゆかた)縫います~

本場徳島阿波正藍しじら織伝統工芸品・阿波しじら織木綿の反物を購入しました。 阿波しじら織の反物を探すなら♪ しじら織は、単衣の着物としても・浴衣としても着られます…


前から見る分には、↓まあ、これでもいいかと思うのですけどねぇ。

うしろから見ると、なんだか妙じゃね?!

背中にずどんと太い縦線1本‥‥‥なんだか悪目立ちしている気がします。

困ったなー! もう、衿肩あきを切っちゃってるので、今更、おっかけにはできないだろうなぁ。
※正しくは「追い裁ち」→通称追いかけ・追っかけ(一方方向)

その他にも、以下の点が気になりました。

  • 着物としても着られるように、いつもの長着と同じ寸法で仕立てたから? 下部の背中心が右に寄ってる。
    (ゆかたで着ると、身幅が少し広い)
  • バチ衿仕立て。 暑いので緩めの和ブラにしたせいか? 胸の脇でもたつく。(抱き幅足りない?)

下前にハギを入れて、お直ししてみることにしました。

あれこれ考えて、和裁の先生にも相談してみて。 お直しに挑戦してみることに決めました。

  • 追っかけに変更するため、片身だけ(下前側)衿肩あきを見えない位置まで下方へ送ることにする。
    →内揚げを全部出す。
    →身丈を長めに作ってあるので、ギリまで詰める。
    →内揚げ&身丈を短くした分の余った布を、「右前身頃の胴にはぐ」。


片身だけ衿肩あきを脇側にして、帯に隠れる位置まで下方に持ってくることができればOKとなるはずなので、それには、胴はぎが必要となる訳ですが。 下前だけのハギであれば、理屈上はなんとかなりそう。

実際に全部解いて、合わせてみないとですけどね。 

直してみたら、またご報告させていただきますねー

■目指すのはこれ!

シェア・フォローいただけると嬉しいです~