kinari(キナリ)さんの「とんぼ玉教室」で作ったMYとんぼ玉のご紹介です!

昨年(2014年)から、kinari(キナリ)さんの「とんぼ玉教室(横浜校)」でお世話になっています。

kinari

 

キナリさんは、有限会社喜南鈴硝子(キナリガラス)が運営されている
とんぼ玉・バーナーワーク(ガラス細工)の工房兼ショップさんです。

浅草・横浜・京橋(大阪)で、体験&初級~応用編までのお教室を開催したり、
工房の時間貸し等をしてくださっているようです。

ワタシは多分、センスが無いのだと思うのですけど。
一緒に通っているお友達に比べると、かなり下手くそ!!

カタチはいびつになっちゃうし。
柄はキレイに入らないし。
色の組み合わせも、なんだか微妙な感じだし。。。。

それでも、がんばって作った「我が子」は可愛いものです。
写真に撮ったものがたまってきたので、お披露目させてくださいねーーー!!

まず、1番最初に作ったのがコレです♪
初回

 
芯のカラーが流れてしまっていますが、一応「マーブル玉」の一種です。

でもって、その後がこれだったかなー?
マーブル2
 

巻き取ったガラスに細挽きしたガラスを乗せて、回しながら流して柄づけ。

で・・・この辺から順序が曖昧になっていますが。
次は水玉だったかしら?
水玉
 

ねえ?色のセンスが無いのがよくわかりますよね~
黄色い玉の上に、オフホワイトを置いているから、なんだかとうもろこしみたいになってる~
ガラスの種類の選び方も良くないみたいで、滲んだみたいなドットになってるし・・・

でもって、水玉の次は、ダブル(二重)の水玉♪
水玉ダブル

 

これもね。
ベースのドッドのカラーは、もっとマットではっきりした色を選べば良いものを・・・
なんだか薄くて、ほんわりカラーを下にしてしまっている為、
恐竜の卵みたいな柄になっていますぅ~

こちらは、水玉を組み合わせた「お花」の柄です。
葉っぱは、ドットの端っこを、ちょっと引っ張って楕円にして作ります。
おはな

 

その次は、ダブル水玉でつくったお花。
ダブル 花

 

もうね。
花に夢中で、土台の玉のカタチなんて、考えている余裕がないので、
「とんぼ玉」というのは、恐れ多いようなカタチに出来上がっておりますし。

一番下の水色の玉は、なんで花びらの縁が黒くなったのか???あれ?!って感じ(笑)

これはね。
細かいガラスの粉や、予め作られた小花のパーツを玉に乗せて、
そのまま溶かして柄づけしています。
花パーツ

 

上手に作れば、かなりキレイなはずなんですけど。。。
うーん・・・我ながら、微妙だなーーーっと。

たぶんね。
ちゃんと作れる人がワタシの作ったとんぼ玉を御覧になったら
「なんじゃこりゃ?」って思うでしょうねぇ~

でね、この辺まで作って、ちょっと違うこともしてみたくなりまして。
アクセサリー作りも体験させていただきました。

ねー?!ぶどうのストラップ飾り(ネックレスでも)、素敵でしょーーー?!
ぶどう

 

お友達が転職をして、忙しくなってしまったので、このところご無沙汰をしておりますが。
写真を見てたら、また行きたくなってきちゃいました。

 

とんぼ玉は、こんな風に作ります♪

ちなみに、とんぼ玉とは↓こんな風に作るんですよ!!

1:ガラス棒をバーナーで温めて、先端を玉になるよう溶かしていきます。
ガラス棒 温め
2:好みの大きさになるまで、棒を溶かして玉にします。
玉にする
3:離型剤の付いた棒に巻き取って、とんぼ玉のカタチに整えます。
巻取り

 

この巻取りというのが、難しいのです。
てか・・・ワタシの場合、全部難しいのですけどね~

巻きとった後、両側にキレイにおへそを作るのも至難の業で。。。
とんぼ玉のカタチ

 

先生の手元を拝見していると、とても簡単そうにクルクル・・・と
出来てしまう。。。。

不思議なんだよなぁ~
見ているだけなら「これなら出来そう!」って思うんですけど、
実際にやってみると、あっれーーーー???って感じになっちゃう。

てな訳で。
ブサイクだけど愛らしい?とんぼ玉がたくさん出来ていますので~
お気に入りのスマホケースの、ストラップにしてみました。

次の記事でご紹介させていただきますので、続きも見てやってくださいねーーー!!

 ⇒【スマホケースのストラップ】とんぼ玉を根付に。お気に入りのスマホケースに付けたら可愛くなった♪

 

 

■キナリさんのガラスビーズ(とんぼ玉アクセ)を、楽天市場のshopさんで発見しました!

 
■お手頃価格で素敵な手作りガラスアクセサリーのshopさんも見つけましたよ~
 ⇒手造りアクセサリー Sylphy

 

 


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。