綿絽の浴衣を夏着物風に着てみました

骨董市でお友達になった方とランチ・その2です♪

この日ワタシの着た着物は↓こちら~
綿絽の浴衣
 

綿絽の浴衣に、半衿をつけた半襦袢を合わせて、下は裾よけ。
麻の足袋に、白木の桐下駄を履いて、出かけました。
桐下駄
 

この綿絽の浴衣は、昨年の夏、衿なし・足袋なし・半幅帯で着て出かけたものです。
綿絽 ゆかた
 

白い浴衣は夜に映えるので夜が似合う。
黒や濃紺といった濃い色の浴衣は、昼が似合う・・・なんて聞いたことがあるのですが。
この浴衣は、柄ゆきのせいか? 夜着た方が、しっくりくるなーと思いました。

昼か夜か・・・という問題もありますけれど、それよりも、
浴衣として着るか?夏の着物風に高級浴衣として着るか?という問題の方が大きいですね。

この浴衣は、綿絽と言っても、高級浴衣風に着るのはちょっとムリがあったのかも・・・デス。

衿付き・名古屋帯で着付けた後で、
「むむ・・・なんか、違うなー」と思ったのですけどね。
時間的に、着直して出かけるのはムリだったので、そのまま着て出ちゃいましたけど。。。

次に着るときには、やっぱり普通に浴衣で着よう・・・と思いました。
って・・・

以前の記事を読み返してみたら、自分で「浴衣に半衿はナシ」と書いておりました!!

 

ゲゲゲ・・・白昼堂々と、電車に乗って出かけちゃったよ。。。(涙)

少し前に、「衿ナシ・足袋あり・・・だと、なんだか踊りのお稽古に行くみたいだよ」
骨董市のお店の方から言われたことが気になっていたのですが・・・

衿を入れて「妙」な感じになるよりいいですね。
以後、気をつけます~

 

 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど、写真館で着付師の仕事をしていました。
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことから、
このサイトを作りましたが、ワタシ自身が着物を着ることは滅多になくて~
ところが最近、骨董市にはまりまして、自分でも着物を着て
よく出かけるようになりました。
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取っちゃいました~♪