ものすごーく、着る機会が少なそうな感じですけど。

絽ちりの道中着コートを買いました♪ 骨董市でのリサイクル品です。

絽縮緬 道中着

ボディに着物を着せずに羽織らせていますので、ちょっと妙な具合に見えるかもしれないですけど。 
落ち感の良い、ちょっと長めのコートです。

衿は着物衿で、肩裏なしの単仕立て。
絽ちり 道中着

上前に3羽のウサギさん。 下前(左脇下)には1羽です。
うさぎ柄

丸紋のお色が、キラキラではないのですが、ちょっとゴールドっぽい色なのですけど、3回忌くらいからなら法事もオッケーと言われました。 特に予定はないですけどね。

絽縮緬を着る時期は、紗合わせと同じくらい。 まあ、単衣時期と思っていて良いとのことですが、こちらは道中着なので、着物の時期より早めの使用が可能ですよね。

絽縮緬の着物は6月上・9月下あたりですけど、紋紗やレースのコートが4月半ばあたりから良いのですから、それに準じて良いと思います。

むしろ、6月も半ばを過ぎてしまったら、暑くてコートは着てられないかも? 
着るにしたって、もっと薄手の透け感のあるコートの方が、涼しげでいいですよね~

こちらのコートは、そんなに透け感は強くありません。 透かして眺めて「あ、ちょっと透ける」というくらい。
透かしてみた絽縮緬

下に手を入れて表から見て、手のシルエットはわからないです。
手のシルエット


寒ければ真夏に着ても良い・・・と言われましたが、それって、どんだけ冷房効いてるところ?って感じですよね(笑)てか、室内で道中着は着てたらダメだし~  縮緬地は雨で縮む危険があるので、あまりにぐずついた日には着られませんし~

・・・となると、このコートは、かなり着る時期が限定されると思うのです。
4月半ばすぎから6月上旬くらいの、雨でもなく・ピーカンでもない日。 それと、9月下旬から10月くらいですかねえ?

格で言えば、柄が良いので、付下げくらいまでなら良いと言われました。 道中着なので、厳しいことを言えば普段着までです。
小紋・紬、やわらかものでも・カタものでも使えます。

もう帯付き姿で出歩いて十分な陽気なので、コートなんて着るかしら?と思うのですけど、こういう「使用する機会がなさそうなもの」ほど、なぜかソソられてしまうんですよね。

箪笥に肥やしをやっては、悦に浸ってほくそ笑んでいるワタシです~



スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。