1日10分 仏様をなぞり描きして、こころ穏やかに過ごしてみる~「写仏」のススメ

経を写すのが「写経」
御仏のお姿を写すのが「写仏」

仏像を写し描きしながら、香を焚き、
こころ穏やかに過ごす癒しの時間♪

「気持ちを切り替えるコツ」をつかむことがデキルようになるのだそうです。

写仏
 
フェリシモ 疲れたこころをオフにできる1日10分なぞり描き プチ写仏プログラム [12回予約プログラム]のセットを、見せていただきました♪

 

こちらが↓1回分の「プチ写仏プログラム」セットです。
疲れたこころをオフにできる1日10分なぞり
 

セット内容は↓こんな感じ。
プチ写仏プログラム  セット
 

クリップボードに、写仏用半紙、カラー筆ペンに、仏像下絵カードに・・・
クリップボードなど
 

よりリラックスを誘う「お香」も入って・・・
お香
 

「写仏」のたのしみ方がわかるレッスンブックには、
お坊さんの「おせっぽう」も掲載されていますので~
マニュアル
 

仏さまを描く楽しみはもちろんのこと、ありがたいお坊さんのお話を聞いて、
自分磨きもできてしまうという「至れり尽くせり」の写仏セットでございます~

 

おもてとうらは、同じ仏像ではありますが、
アップと全身・・・で、難易度が違うという凝った仕組みに♪
おもてとうら
 

毎回、届く仏像下絵カードは2種類あるのだそうでして、こちらも「穏やか&力強いタイプ」と、
その日の気分で、描く仏像を選べてしまう・・・という嬉しい趣向になっております~
仏像タイプ
 

自分が描く仏像が、どんな仏様であるのか???
下絵の仏像についての詳しい説明は、レッスンブックに記載されていますので、
「仏像について、もっと知りたい!!」という方にもオススメです~
説明
 

上手に描けたら、フレームに入れてお部屋に飾って♪
飾る
 

カラーペンの色は、黒だけではありませんので、ぜひキレイに完成させてくださいねー!
カラーペン
 

写仏レッスン毎にテーマがあります♪

ちなみに、レッスン1のテーマは「欲」ですよ。
欲
 

物欲・金欲・性欲・食欲・所有欲・名誉欲・出世欲・・・
欲にもいろいろありまけどね。

欲望をコントロールしてくれる仏様を描くことで、「欲」深い心を戒め、
欲を上手に使えるような「器の大きな人間になろう」ということでしょうか?

ちなみに、その後の11回のレッスンには。。。
怒り・心・行動・言葉・習慣・絆・愛情・自立・別れ・出会い・ご縁
。。。といったテーマがあります。

「別れの仏様って、『あの人と別れたい・別れたい・別れたい・・・』と
 念じながら描くのかしらね???」
・・・とワタシがつぶやきましたら~

「いや、別れって、何も人とだけとは限らないよ」・・・と隣にいらしたブロガーさん。
なるほど、イイ事言いますねーーー!!

ワタシはてっきり、離婚願望のある方や、気の合わないママ友リーダーと距離をおきたい方なんかが、
「縁切り」の願掛けでもするのか?!と思っちゃいました~

フェリシモさんの「写仏」展示会場には、途中まで描きかけた
「伐折羅(バサラ)大将」さまが、放置されておりましたけど。。。
バサラ
 

そういえば写仏って、途中で失敗しちゃったり、
やたらと枚数がたまっちゃったりしたら、処分はどうすればいいんでしょうねー?!

丸めてゴミ箱ぽい・・・は、罰当たりな気がするんですけどぉ。

で・・・写経の場合はどうするのかなぁ?・・・と思いまして、
「写経 紙 捨てる」と調べてみましたら。

書き上げたものは、神社もしくはお寺へ奉納する、お焚き上げしていただく・・・というご意見から、
生ごみと別にして普通に捨てる・・・というご意見まで、いろいろありました。

粗末にするのもなんですが、あまり神経を使うというのも「疲れたこころを癒す」という
本来の意図に反してしまうように思いますので。

『リサイクル資源として、古紙回収に出す』←これがいいかなー?と思いました。
ある意味「輪廻転生」なのでは?と♪
書きし損じ
 

・・・ということで。

「仏の顔を三度」と言わず、5回でも10回でも・・・
気の済むまで、なぞり書きしちゃってくださいませ~!!

 
 

108回に挑戦して全ての煩悩を払うことができたなら。
もう、なぞらなくても、ソラで描けるようになっちゃうかもしれないですねー!!

阿弥陀如来がソラで描けるとか・・・って・・・ある意味スゴイゾ!!

 
フェリシモ・生活雑貨カタログkraso14秋冬
 

動画も観てね♪

 


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。