金通し「堀省平氏」作家物・小紋着物

先月、骨董市で購入しました「袷の小紋」です。

小紋
 

もう少し寄ってみると、こんな感じですよー!!
金通し
 

着物全体にラメが入っているみたいに見えますが、これ、金通しというのだそうです。
きんどおし・・・じゃなくて、「きんとおし」。

緯糸で金を織り込んだものらしいのですが、手入れが悪いと錆びるそうなので、
気をつけないといけません。

裾回しには「省平」の文字。
省平
 

金彩工芸家「堀省平」氏のお着物です。
堀省平
 

個性的な色柄ですし、「金通しの小紋なんて、着ていくとこないしなー」と、
最初のうちは購入を迷っていたのですが、近くにいらしたお客様に
「アナタ、それ、似合うわよ!」と背中を押されて、その気になって(笑)

お家に帰って袖を通してみたら、なるほど、我ながら似合ってるかも~♪

サイズもバッチリだし、今はとてもお気に入りの着物です。
良いお買い物をさせていただきました。

さて、どこにお出かけしましょうね?!
着て行く先をみつけないと。。。。

 

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
11年間ほど写真館で着付師の仕事をしていました。 現在は、成人式着付やモデルさん撮影のお手伝いをしたりしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り等で着るキモノでお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るならでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆応援クリック、どうぞお願いいたします!励みになります~☆
にほんブログ村