中野さんモール商店街のリサイクル着物店「三喜屋(みよしや)」さんへ行ってきました。
三喜屋さんは、中野ブロードウェイB1に店舗を構えていらっしゃいますが。

サンモールの催事は、月に1度の大売り出しで、見仕立ての反物や八掛等もたくさん出るんですよー

中野サンモール・三番街通り・三喜屋さんの店頭で

ということで。
三喜屋さんのお店の様子と、この日に掘り出した反物をご紹介したいと思います~

【月1の催事】中野サンモール・三番街通りの三喜屋さん

中野サンモールは、中野駅北口を出て、通りを渡ったらすぐの「全天候型ショッピングモール(屋根付き商店街)」です。

月一の催事は、三番街通りの店舗で開催されます。

見てー!すごいでしょう? 反物は、小紋や紬・無地の着尺の他、帯・羽尺・コート地なんかもあるんですよ。
もちろん、袷~夏物までと季節はいろいろ。 正絹・化繊・綿に麻と、素材もいろいろです。

中に入ると↓こんな感じ。(画像クリックで大きく見れます)

価格は、着物・帯・反物が1100円~11,000という感じ。 吊ってあるものは、ハンガーの色で判断します。 平台に積まれたお着物は、1100円の価格帯が多かったです。 そして、奥の壁際は、3300円~の反物類という感じ。

バッグ等の小物類は、1000円以下で結構あったような気がします。


新品にしか興味の無い方にはおすすめしませんが、骨董市での宝探しがお好きな方は、絶対楽しいと思いますので、ぜひどうぞ!

この日、紬リメイクの素敵なお洋服を着て来店されていたマダムは、大きな段ボール箱に山盛り(16点と伺いました)お買い上げされていましたが、なんと合計19000円という激安価格♪(持ち帰れないので、送っていただくそうです)

お値段1100円の商品群は、キズ・汚れがあるものも多いのですが、リメイク用としてでしたら問題なしということで。 かなりお買い得ということなんです。


とはいえ、よーく探すと結構あるみたいなんですよ。 1100円エリアに紛れ込んでいるお宝商品が!

お着物でいらしていた常連と思われる男性のお客様は、素敵な絵柄の入った絽の長じゅばんを手にされていましたので。 「おおー!いいなー! そんな素敵な長襦袢もあるのかー!!」と、ワタシ、反物漁りに思わず気合が入ってしまいました(笑)

三喜屋さんで買った反物。3つ♪

この日ワタシが購入した反物は↓こちらの動画でご覧ください。 店舗の様子も、動画に撮らせていただいていますので、併せてどうぞ!

お気に入りは「型染めの帯」です!

【購入品の価格】帯地:1100円、浴衣地&紬地 各3300えん 合計7700円

三喜屋さんの月一催事は、ツイッターで日程告示されていますので、行きたい方は三喜屋さんのアカウントをフォローしてね!


三喜屋・中野ブロードウェイ店(本店)

「催事は待てない!」「反物は興味ないので、仕立て上がりの帯や着物だけをみたい!」等とおっしゃる方は、本店の三喜屋さんへどうぞ。 (クリックで大きく見れます。 許可をいただき、撮影しています。)

すでに散々反物を漁った後だったので、さすがに疲れておりまして。 ざっくりとしか見ることができませんでしたけど。

こちらも掘り出し物がありそうな予感♪ 特にフォーマル系は、よい物がお安く出ているという印象がありましたので、これから七五三や卒入学の予定があるママに良いかも。

また、これから着付けの練習をしたいとか、着物沼にハマりたい方にもおすすめです!

リサイクル着物で、宝探しをする際に気を付けたいこと。


あまり、中古の着物や帯を漁ったことがない方向けに書いておきます。
すでに着物沼にハマっている方には、「釈迦に説法」な内容ですみません。スルーしちゃってくださいね。

商品は、もとにあった場所に戻す。
骨董市・店舗に、共通して言えることなんですが。
たくさん手に取って、品定めをすること自体は良いのですけど、見た後は、元にあった場所に戻すように気を付けましょう!

置き場によって、価格帯が違っていたりしますので。 3300円の箱から出したものを、1100円の箱に戻したりするのはNGです。 そんなことは、わかっているつもりでも、ついつい、ちょっと置いたつもりのところが、お値段違う場所ということがあります。 他のお客様が、それを知らずに手に取ってしまうことがあるので、お気をつけくださいませ。

グシャグシャのままにしない。
広げた着物や反物を、そのまま放置するのは、やめましょう。

着物を畳んでキレイに積むというのは、なかなか大変な作業です。 
もちろん、その着物を購入するのであれば、ぐしゃと腕に抱えていてもかまいませんけど。
広げるだけ広げて、荒らしたままで立ち去ることの無いようにいたしましょう。

なるべく元の状態に戻すように、心がけてくださいね。

サイズ確認のため、メジャー持参で!
欲しいサイズ(裄・身丈・前幅・後ろ幅)は、覚えておくかメモにして持参しましょう。
そして、気に入った着物は、サイズを確認してから購入すること。

近しい人に和裁ができる人がいる場合は良いですが。 そのままで着る予定でしたら、サイズの確認は大事です。 せっかく安く買ったのに、寸法直ししないと着れないのでは、かえって高くついてしまうかも?デス。

商品を入れる袋やバッグを持参すること。
1点2点のお買い物なら、大きめのトートバッグで良いですが。

着物・帯・長襦袢と、1式揃えたいような場合には、思いのほか重たくなります。

ワタシはいつも、小ぶりな「スーツケース」を愛用しています。 お店の方にお願いすれば、物色中、邪魔にならないところに置いておいていただけますよ。

状態をチェックするポイント
破格のリサイクル着物(帯)ですから、少々の汚れやキズは仕方がないと思ってください。

しかしながら、いくら色柄が気に入っていて・サイズがバッチリだったとしても、目立つところに難があっては着れません。 チェックすると良いと思うのは、以下の場所です。 ご参考まで。

・共衿(掛け衿)
・胸元
・上前
・袖口
・背中の上部
・お尻
・肩

※下前は、着てしまえば隠れます。 裏地も、ご自身が気にならないなら大丈夫です。

ということで。
三喜屋さんでの「トレジャーハンター」についてでした!

次の記事では、この日、ワタシとお友達が着ていた着物をご紹介しまーす!

楽天トラベル・中野駅 周辺のホテル・旅館を見てみる!

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
11年間ほど写真館で着付師の仕事をしていました。 現在は、成人式着付やモデルさん撮影のお手伝いをしたりしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り等で着るキモノでお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るならでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆応援クリック、どうぞお願いいたします!励みになります~☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。