子どもの着物の肩上げ

着物の肩上げ

2010年、7歳のお祝いで晴れ着の仕立てをされた方にお願いをして、肩上げや腰上げの写真を撮らせていただきました。

こちらは、着物の肩上げです。

肩上げ

針目は「ふため落とし」で、前身ごろの袖付け止まりの少し上~後ろ身頃の袖付け止まりくらいまでを縫います。

二目落とし表
二目落とし:表
二目落とし裏
二目落とし:裏


糸は手縫い用の絹糸がベストですが、なければミシン糸でも。 着物の地色と同色系の糸を2本とりで縫ってください。



↓コチラの画像は「子ども浴衣の肩上げ」のページで作成したものですが、裄の測り方は同じです。ただ、フォーマルの着物(晴着)は、普段着の着物より、裄も裾も若干長めにとるようにしてください。

50センチの裄の着物を、45センチにする場合の例をイラストで書いてみました(ヘタクソですみません~)

肩上げイラスト
子どもの着物の肩上げ

■肩上げの肩山(つまんだときの折山)は、着物の「肩幅」の真ん中です。

子どもの着物肩上げやり方

■肩山位置にマチ針で印をつけたら、そこから上げる寸法の半分の長さのところを縫います。

肩上げやり方

※袖つけ止まりでは「それより1cm少なく」とります。 上の例で言うと、途中までは2.5cmのところを縫って、袖付け止まりの10cm~13cmくらい上のあたりから、1cm分肩山寄りに入るように斜めに縫います。 こうすることにより、胸回りにゆとりがでて、衿あわせが良くなるのだそうです。

■後ろはあげ寸法の半分を真っ直ぐとります。 袖付け止まりの少し上まででも良いと思います。

子どもの着物の肩上げ後身頃

※長襦袢の寸法は、着物の袖口から襦袢の袖がでないよう、着物よりも裄丈を1~2センチひかえるように決めてください。

長襦袢の肩上げ


お子さんの裄の長さと、着物のサイズによっては、肩山がひどく肩寄りに(端)になってしまうことがあります。

その場合には、肩幅の中心に山を取ることにこだわらないで、上の襦袢の写真のように、見栄えの良い場所に肩山を決めていただいても良いと思います。
下の朱色のお着物は、上のグリーンのお着物よりは、肩山の位置がお袖側になっています。 着物の肩幅の中心で山を取ると、このあたりに肩上げがくることが多いように思います。

7歳祝着 肩上げ済み
7歳祝着 肩上げ済み

どのあたりが1番良いということはありませんが、肩幅(袖付位置)よりも肩山が 外側に出てしまいますと、肩山が立ってしまいますので、内におさめた方が、着付けた時に見栄えが良いように思います。

肩上げ:参考画像

ふた目落としの縫い目(裏側と表側)

7歳祝着 肩上げ済み

肩上げの縫いどまり位置の目安(前身頃)

7歳祝着 肩上げ縫いどまり

ネットでプロに依頼する

関連記事:子ども浴衣の肩上げ

肩上げの動画を子ども浴衣の肩上げページに掲載しました。ぜひ、併せてご覧ください。

子ども浴衣の肩上げやり方

子供浴衣のサイズ合わせ。肩揚げをする。

子供ゆかたは肩揚げで袖の長さ(裄丈)を調節します。簡単な肩揚げのやり方とサイズ合わせのご紹介です。

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、今はモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)を時々お手伝いしています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……等の着物で、お悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣・紬・小紋・ウールといった普段着物についてや和裁のお話を書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内や骨董市のご紹介なども掲載します。 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

次の記事

子どもの着物の腰上げ