東京日本橋 きもの たちばなさん(楽天市場)に教えていただきました!
着物の収納☆たとう紙の薄紙と、保存剤(防虫・防湿・防臭)の使い方についてです~

 

たとう紙の薄紙、どうしていますか?!

まずは、たとう紙・・・の薄紙についてです。
たとう紙 薄紙

 

*たとう紙(たとうし)とは・・・

着物や帯を包むための紙のことです。 多当紙とも書きますが、
畳紙と書いて、たとうがみとも呼びます。 関西では文庫紙と呼ばれます。

また、京都では、着物をたたんだり着付をする時に敷いて使う
「衣装敷き」のことをたとう紙と表現し、仕舞うための包み紙を文庫紙と呼んで区別しているそうです。

楽天市場で文庫紙と検索してみました。

 

たとう紙と呼ばれる着物の包装紙にも、いくつかのタイプがあって。

  • 中に薄紙が入っているもの・いないもの。
  • 中の着物や帯が見える『窓』があるもの・ないもの。

薄紙も窓も両方あるものもあれば、一方のみだったり、両方ともなかったり・・・とイロイロです。

 

ワタシはどちらのタイプも持っていますが、たとう紙を単品で買い求めたことは、おそらく無くて。。。
ほとんど、着物や帯を購入した際に入れていただいたものや、
お手入れ(クリーニング)に出した際に入れていただいたものを、そのまま使っている感じです。

 

でもって、今回「きもの たちばな」さんに教えていただいたのは、
たとう紙の薄紙は、外してしまった方が良いということ!
「虫喰い」の一番の原因といっても過言ではないそうなのです~

 

きもの たちばなさんの関連記事(ブログ)はコチラ

⇒★生涯呉服屋 たとう紙の薄紙・・・捨ててください。

 

知らなかったなぁ・・・
ワタシは、薄紙が破れないように気を使いつつ、後生大事に着物と一緒に仕舞っていました!(苦笑)
たとう紙 薄紙 虫の原因

 

専門家が『今すぐ捨ててください!』・・・とおっしゃるのですから、やはりすぐに捨てないと・・・ですね。
和箪笥の引き出しを開けてみたら、帯からも着物からも・・・かなりゴッソリと出てきましたよ~

 

なんでも、薄紙に含まれる糊分に虫がつくのだそうでして。
薄紙の役割としては「見栄えを良くする」ことくらいで保存には必要なし・・・ということなので、
ぜーんぶ外してみたのですけど。

 

外してみたら、今度は「窓に貼られたセロファンみたいなもの」が気になりました。
接着剤みたいのでくっついてるけど、これはそのままでいいのかしら???
この糊(接着剤)は、虫のお好みではない???

たとうしの窓のセロファン

 

これもいらないんじゃね?!・・・そう思って、切り取ってみちゃいましたが~
うーん、もしかして、ここはそのままの方がよかったかしらね???
切り取ったのは、このたとう紙1枚だけなので、もう1度、
きもの たちばなさんへお尋ねしてみようと思います(笑)

 

きもの たちばなさんのサイトはコチラ⇒東京日本橋 きもの たちばな

*たとう紙の窓の接着剤について、早速ご回答をいただきました。本記事のコメント欄をご参照くださいませ*

 

ウールが1番虫がつきやすい。

 

ちなみに、着物の中では、ウールが1番虫がつきやすい素材になるのだそうで。
ショックですよ・・・ワタシのウールもやられていました・・・

あまりにビビットな赤なので、若い頃に1回着ただけで、仕舞いっぱなしにしていた
アンサンブルのウールですけど。 羽織の背中に、見事にガブっと!!
羽織虫食い

 

ならば、着物だけなら着れるかしら?・・・と思ったのですが~

あうぅ!!
着物の方も、チョンモリと齧られておりまして・・・
着物の虫食い

 

ワタシにはあまり似合わない着物なので、オークションで1円出品でもしてみようかと思ったのに~
これじゃあ、ちょっとねぇ。

*もしも欲しい方がいらっしゃいましたら、こんなんで、送料着払いでよろしければ差し上げますよ!
 お問い合わせメールで、ご連絡くださいませ♪
(裄は66センチ、袖丈47センチです。リサイクルショップで、随分昔に買いました)

 

ウールに虫がつきますと、一緒に絹も食われてしまいますので、
保管する際は、ウールは「隔離」しておいた方が良いそうです~
ぜひ、たとう紙の薄紙を外して、ウールの着物を分けてしまってみてくださいねー!!

 

昨日、きもの たちばなさんで「着物専用 防虫・防臭保存シート ウコン漢方敷」を買いましたので、
こちらの使い方も教えていただきました。

ウコン漢方敷の使い方は、その2の記事へつづきます~♪

 

呉服屋さんに聞きました♪着物の収納 その2☆ウコン漢方敷について~

 

 

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。