三ツ衿裁ち★総丈が短い時に裁つ方法

 

「三ツ衿裁ち」というのは、反物の総丈が短い時に裁つ方法だそうです。

「三ツ衿裁ち」とは、通常の反物の裁断と、衽・掛衿・地衿の取り方が違います。
掛衿の下で地衿を継ぐので、その分身丈が長く取れるそうです。

着物ちどりさんが、わかりやすい図でご説明くださいましたので、
ご紹介させていただきますねー!

 

通常の裁ち方
 

掛衿

 

 

図がわかりやすいので、あえて説明はいらないですよね~

男物の反物からワタシの着物を、とても素敵に仕立ていただきましたので、
よろしかったらこちらもどうぞ!!
三ツ衿裁ちで仕立てていただいたシルクウールの着物です♪

「男物シルクウール」の着物が出来上がってまいりました~ ワタシのですケド♪
 
シルクウール着物
 

★ちどり★さんのオークション出品一覧はこちらでどうぞ!!

大好評!大特価!

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

三ツ衿裁ち★総丈が短い時に裁つ方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。