8月のアタマに、骨董市で買った紗の着物。
DHCさんのローンチパーティーで、青山迎賓館に着て行ってしまいましたけどぉ~

ローンチパーティー
 

実はこの着物、お値引きしていただけたのには、理由があるんです。
わかります?コレ↓
カビ
 

ちょーっとね。白くカビが出てたんですよねー
紗の着物 カビ
 

幸いにして、かび臭くて着れない・・・というほどの状態ではなかったので、
どうせなら8月中に1回位は袖を通して、9月になったらお手入れに出せばいいよね?・・・と思いまして。

応急処置として使ってみたのがこれ。
「装いの道」応急お手入れキットの「シミトールS」です。
シミトールS
 

骨董市でこの着物を買う時に一緒に居合わせたお客さんが・・・

「薬局にね、スプレーの付いた大きなボトルのアルコールが売っているから、
 風通しの良い所に着物を吊るして、びしょびしょになるくらい、アルコールを吹き付ければいいのよ。
 輪染みにならないように気をつけて、全体的に吹くのがいいけど、酔っ払わないように気をつけてね。
 たっぷりの消毒アルコールを吹くと、このくらいのカビだったら、飛んじゃうわよ♪」

・・・と教えてくださったのです。

早速薬局にいって、スプレーのついたアルコールボトルを手にしてみました。
確か、700円だか800円だか。。。

こんなに安くていいのかな?
このアルコールでいいんだよね?
本当に輪染みにならないのかな???

しばらくアルコールを片手に考えていて
「そうだった。装道のお手入れキットに、水溶性タイプがあるんだった。あれじゃあ、だめかな?」
と思ったのです。

ワタシは、下前の目立たないところにシューーーとやって、タオルで叩いて、
「お♪結構いいかも・・・」と思ったので、気になるところは全て「シミトールS」で
カビ取りしました。

シミトール
 

いえ、本当に取れたかどうか?はわかりませんが、一応、目立たなくはなりました。
ビショビショになるほど、吹いてはいませんが、なるべく広範囲に吹くようにはしたつもりです。

叩くだけでなく、ちょっとこすってしまいたくなりますので、シミ取り用の
ブラシがあると尚の事良いと思います。

比べてみると↓こんな感じです。
シミトール
 

ねー?とりあえず、着てわからないくらいには、なっているでしょう?!
でも、もしもお試しになるのでしたら、あくまで自己責任でお願いしますね。

あくまで「カビトール」ではなくて、「シミトール」でございます。
本来は、水性の汚れ(醤油、ソース、果汁、コーヒー、紅茶、ミルク、血液、糖分、酒類など)を
落とすためのお手入れアイテムです。

このまま来夏まで仕舞いこむのは危険なので、近いうちにお手入れに出すつもりでおりますデス。
(まだ、出してない~)

アルコールでのカビ取りの仕方を教えてくださった方は、この他にも
「めっちゃ使えるあの手この手」を、丁寧に話してくださいまして。

この夏、本当に助かりましたので、また別途、ご紹介させていただきますね~

ということで。
「シミトールS」の簡易セットは、ベルネージュダイレクト オンラインショップの
七緒・お手入れ&収納コーナーで購入できます。

 ⇒七緒トップページ
『七緒(プレジデント社)』

 

単品・フルセットタイプは、楽天市場さんでも買えますよ~

装道【シミトールS(水性汚れ用)スプレータイプ】取り寄せ商品 和装小物 お手入れ 着付け 着物 きもの 醤油・ソース・果汁・血液等の汚れに メール便不可!

【保存用品】装道 美容お手入れセット/着物のお手入れ 着物・洋服 応急シミ取り【定番品】和装小物※装いの道2983【宅配便のみ】【レビュー便送料無料】【RCP】《10p05Sep15》

価格:
5,500円

(2015/09/10 19:48時点 )

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。