【和裁・運針】並み縫い

和裁の運針・並み縫いの縫い方です。

並み縫い

 

 

「並み縫い」とは

「並み縫い」は、着物の背縫い、脇縫いなどで使う一番基本的な縫い方です。

右手の中指の第一関節と第二関節の真ん中に指ぬきを付けて、針のお尻を指ぬきに当て、左手で布地を動かしながら針を刺してゆきます。
並み縫いの指ぬき

その際、右手の人差し指と親指で布を手繰りながら針を進めてください。
並み縫いの右手

針にたまった布をしごいて「布目を平らにする」ことを、糸コキと言います。
糸コキをしっかりしたら、コテを当てて針目を落ち着かせておきましょう。
コテを当てる

 

先生の並み縫いを動画で観てね!

※ワタシの癖を考慮した縫い方をご指導いただいています。


■きりまるのYouTube着物チャンネルは、こちらへどうぞ♪

 

和裁塾 トップ

 

 

【和裁・運針】並み縫い” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください