単衣の袖縫い。手順と縫い方についてです。

本ページでは、浴衣を例にご紹介しています。 
※2018.04.28 公開時点で、ちょっと怪しい・・・先生に確認して、GWくらいまでに修正しますね。

 

 

浴衣の袖を作る。

中裏合わせでそで下5ミリを縫う

表側に待ち針をうって、そで下5mmを並み縫いで縫います。
そで下5ミリを縫う
袖の下線
袖丸みの終わりあたりから縫い始めて、袖付側の端っこまでを。下線から5ミリ上のところを6~7ミリの針目で縫います。 縫いはじめと縫い終わりは、2~3針の返し縫いをしておきます。

コテ(アイロン)をかける

並み縫いは、ギャザーが寄らないように糸コキをしっかりして、コテで縫い目を落ち着かせておきます。
並み縫いにコテ

中表に返して縫う

中表に返して待ち針を打ち、袖口から袖付側の下までを縫います。 縫いはじめと縫い終わりは2~3針返し縫い。袖丸み部分は半返し縫いです。
袖縫い

袖の丸みを縫う

半返し縫いした丸みの縫い目よりも5mm外側を、6~7mmの針目で縫います。 縫い始めだけ玉止めです。 さらにその外側を布端ギリギリで6~7mmの針目で縫ってください。
袖の丸み縫い方

キセをかける

自分の方から見て、ちょっと縫い目が見えるくらいに縫い目の内側を折り、コテをかけます。 そうすると、ちょうど2mmくらいのキセをかけることができます。 袖口も折ってコテをかけておきます。
キセをかける
キセをかける

袖の丸みを整える

袖の丸みに沿って待ち針を打ち、糸を引いてまあるく形を整えます。 タックはキレイにならして、アイロンをかけて落ちつかせます。
袖の丸みの作り方
袖の丸みの待ち針とタック

袖口を耳ぐけする

袖口の2~3㎝手前から、2~3㎝先まで耳ぐけで縫って、玉止めをする。
耳ぐけ
※耳ぐけのやり方については、また別途。

袖口の縫い終わりのかんぬき留め

袖口の縫い終わりにかんぬき留(虫留め)をします。 玉留めした2本糸で2回巻き縫いをして、その4本の糸を表からすくって3回巻きます。 最初の玉止めと逆の位置で玉止めして完成です。(言葉ではわかりにくいので、後日動画でアップしますね。)

浴衣の袖が縫えるようになれば、単衣の替え袖が作れますね!

和裁塾 トップ

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。