着物の着付け・和服の紹介 TPOを意識したキモノの知識や着付のポイント、帯結び等をご紹介。 お買い得な着物や素敵な和装小物もご案内。ブログもよろしくお願いします♪

夏単衣☆衣替え時期の帯揚げ

夏単衣を意識して買った帯揚げ

6月1日。 単衣解禁~
この日、近所の神社で毎月1回開催される骨董市で、帯揚げを5枚購入しました。

袷の紬用に欲しかった白っぽい帯揚げと、単衣や薄物の着物を意識した
「初夏~夏向け」の帯揚げです。

単衣の時期に買った帯揚げ

購入したのは↑こちらの5枚です。
左から袷(2枚)・単衣(2枚)・夏物・・・の帯揚げですよー!

 

 

まずは、左の2枚です。

袷・紬に

 

袷・紬に小紋に

 

こちらの帯揚げは、2枚とも袷の着物用の帯揚げです。
白/茶の方は、「紬に合わせたら粋だよー」と言われて買いました。

良く見ると秋草柄のように見えますが・・・
帯揚げの場合、着てしまえば柄はよくわからないでしょうからね~
秋に限定せずに、着物や帯に合うのであれば、袷の時期中使っちゃお~♪と思っています。

白/ベージュの帯揚げは、小紋でも紬でも合いそうな感じです。
カジュアルな着物であれば、割とどんな色柄でも合いそうなので、重宝だろうと思います♪

 

真ん中の濃い水色は「楊柳」ですので、単衣時期にバッチリな帯揚げです。

楊柳

 

夏の先取りをイメージさせるさわやかな色味ですので、夏単衣向けですね。
時期的には、5月中旬~6月の下旬くらいまでで、単衣の着物に合わせます。
帯は、かがりの八寸、博多帯、塩瀬の帯など。
春単衣と呼べる早い時期であれば、薄手のツルンとした感じのものなら、
袷の着物用の帯でも良いそうです。

 

白地に赤紫の花絞りの帯揚げは、本当は袷用の縮緬帯揚げなのだそうですけど。
縮緬に絞り

地色が白で、かなり薄めの生地ですし。
しかも、花が「桔梗」に見えなくもない・・・ということで、単衣にも合う帯揚げだそうです。

 

1番右の淡い水色・・・これは、薄物の夏着物に合う帯揚げになります。

薄物の帯揚げ

 

飛びしぼが入ってはおりますが、地の部分は「平絽」ですよね?!
涼しげな夏帯に合わせて使うものなので、早くても6月下旬くらいから・・・
正しくは7月8月の盛夏用の帯揚げになります。

 

衣替え時期の帯揚げについて調べてみました

・・・とまあ、そんなうんちくを骨董市のお兄さんに教えていただき、
家に帰って、七緒の単衣特集を読み返したりして・・・
ふとあることに気が付きました!!

 


七緒 vol.17―着物からはじまる暮らし 特集:「ひとえ」に注目!/「和の稽古」熱中宣言 (プレジデントムック)

 

ワタシがずっと盛夏用だと思っていた、箪笥の肥やしの帯揚げ達ですが、
これらは盛夏用ではなくて、単衣用の帯揚げだったの?!・・・ということです~

絽縮緬 

↑こちらの3枚の帯揚げを、7月8月用だと思い込んでいたのですけど。。。
もしかして、これらは「絽縮緬」という素材なのでは???

 

よーく見ると、絽目の間が広くて透け感が少ないですし、生地に微妙なほっこり感が。。。

絽縮緬3

絽縮緬2

絽縮緬1

 

淡いピンク色の帯揚げは、結構薄手の生地ですし、若干透け感もありますし。
盛夏でもいけそうな気がしますけど。
後の2枚は本来、春夏・夏秋という衣替え季節のつなぎ役・・・になるらしいです。

カラー・柄ゆきを考えると、ブルーの方は5月中~6月下までの夏単衣に。
橙の方は、8月下旬~9月初旬までの秋単衣向き・・・というところでしょうか?

 

もう1つ、やはり夏物だと思っていた↓こちらの帯揚げも・・・
薄手の綸子

薄手の綸子は、6月中旬くらいまでになるそう。

 

袷の時期に使う綸子の帯揚げよりも、だいぶ薄めでさわやかカラーであるので、
4月末くらいから、6月半ば過ぎくらいまではいけるでしょうか?

薄手の綸子 

てっきり夏の盛りに使える帯揚げだと思い込んで、着付初心者だったころに購入し、
ずーーーーーっと箪笥の肥やしにしていたものですが。。。
今年は、デビューさせることができるかしら?

 

帯揚げって、こんな風に時期を区切って取り替えるものだなんて、全く知らなかったです。
着物の衣替えって、奥が深い・・・

 

と、書いたところで、楽天市場さんで「帯揚げ・単衣・夏」と検索してみました。
すると、結構「単衣・夏の時期を通して使用可」・・・と書かれているような帯揚げが
多かったのです。見た感じ、絽縮緬が多い様に見えましたけど。。。

 

なんとなく気になったので、着物の知識が豊富な着付けの先生にうかがってみたところ。。。

「帯揚げは少ししか見えないですし、着物と帯との見た目がちぐはぐでないのであれば、
絽縮緬を7月に使っていけないということはないですよ」とのこと。

もちろんこれは、普段着用の着物の場合であって、正式な場面でのフォーマルでは
通用しない話ではあるのでしょうけど。。。

 

羅ですとか、絽綴れの帯なんかでしたら、やっぱり平絽の帯揚げの方が良いな~と思いますが、
博多帯などであれば、絽縮緬でも結構しっくりきたりするのかもしれないですね。

臨機応変・・・これが1番難しかったりする気がします。
着ているうちに、わかってくるとは言われましたけど、まだまだ当面悩みそう。。。

 

そういえば、「帯揚げを替えたら、帯締めも替えるべきなんだろうなー」と思ったのですが、
実は帯締めよりも、半襟を意識した方が良いみたいで・・・

半襟については、また別途書いてみようと思います。

 

ちなみに、楽天市場の検索結果は↓こちらでどうぞ♪

楽天市場で「帯揚げ・単衣・夏」と検索した結果はコチラ

アマゾンで「帯揚げ・単衣」と検索した結果はコチラ

お問い合わせはこちらから

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

広告




■Google+ページ


★サイト内検索★

キモノ-着るなら.comへようこそ!

キモノ-着るなら.comは、和服の知識や着物関連商品の話題をお届けしている「着物のサイト」デス。
上部タブ(ページ)からは、知識やHowToを。 ブログ(記事)では、レビューや雑記をご覧いただけます。
管理人プロフィールはコチラ

当サイトへのリンク
☆応援クリック
 どうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ ブログランキング

 

■ツイッター♪


■楽天市場へ♪

 

 

 

PAGETOP
Copyright © キモノ-着るなら.com  All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.