【着物でおでかけ】武相荘(旧白洲邸)に行ってきました~振袖前撮り・野外撮影のロケハン♪

アド街ック天国の町田の回で第7位で紹介されていた「武相荘」へ行ってきました!

武相荘

 

武相荘(旧白洲邸)は、同番組の「東京残しておきたい風景」19位にもにランクインしている素敵な場所です!

 

今月、姪の振袖前撮りの予定がありますので、野外撮影場所のロケハン兼ねてお邪魔してまいりました~

 

 

白洲正子さんと「武相荘」

随筆家であり、骨董収集家であり、銀座の染織工芸店の経営者でもあったという白洲正子さん。
着物でも卓越したセンスの良さ・独自の感性で知られていて、多くのファンがいらっしゃいます。

 

日本で最初にジーンズをはいた「日本一カッコイイ男」と言われる白洲次郎さんは、正子さんのご主人様です。


白洲次郎

 

そんな超ビッグなお二人が、戦時中に居を構えて移り住んだのが鶴川村(現町田市能ヶ谷)の古い農家です。
武蔵の国と相模の国の間に位置するということと、無愛想(ぶあいそう)という言葉にかけて、「武相荘」と名付けられたのだそうですよ。
武相荘の農家

 

武相荘では、白洲夫妻が暮した当時のままをミュージアムとして公開されていますので、正子さんの書斎や蔵書、調度品や着物の一部を拝見できます。

※ミュージアムエリアは有料です。
※母屋の中・展示物は撮影できません。

↑クリックで拡大します。

 

お庭や敷地内は撮影OKということですので、着物で行っても楽しいです。
カフェやレストランもありますので、「旧白洲邸の風情あるたたずまい」をゆっくりのんびり堪能していただけますよ!
カフェ 武相荘

 

武相荘レストラン

 

七緒・vol.57にも掲載されている「武相荘」

今月号の七緒(vol.57)でも、紬の着物とともに紹介されています。

 

ちょうど「姪の振袖の野外撮影をするのに、着物に合う素敵な場所は無いかなー?」と探していたところでしたので、これは!と思いました。

ということで、実家の母を誘って「ロケハン」兼ねて行ってきましたよ~

◆七緒のモデルさんと同じ立ち位置♪ どうせだったら、同じポーズで撮ればヨカッター!
七緒と同じ武相荘立ち位置

 

武相荘 着物
※母も着物で。

 

武相荘の様子

武相荘の駐車場から武相荘へ

武相荘 散策路1

武相荘 散策路2

武相荘 散策路3

武相荘 散策路4

武相荘 散策路5

竹林を抜けたあたりで振り返って撮った写真が↓こちらです。

カフェの背中を左手に見ながら、奥の階段を上がると到着です。

武相荘カフェの背中

 

武相荘階段

武相荘チケット売り場
↑建物左の窓口が、ミュージアムのチケット売り場です。

武相荘の無料スペースと有料スペース

オープンスペース

手前側は無料で入れるオープンスペースとなっていますので、入場料はかかりません。

武相荘オープンスペース1

武相荘オープンスペース4

 

チケット売り場から門をくぐって、レストランのテラス席前あたりまでが無料エリアで、駐車場からの散策路も無料エリアに含まれます。
もちろんカフェやレストランだけの利用も可能です。

 

有料スペース

小さな木柵を挟んで、邸宅のあるミュージアムエリアは有料ですので、人混みを避けて撮影するには良いかもですね。

武相荘オープンスペース2

武相荘オープンスペース3

 

武相荘古民家

武相荘古民家2

武相荘古民家3

 

邸宅の奥(裏)は小高くなっておりまして、鈴鹿峠という峠道(散策路)へと通じています。

武相荘庭園

武相荘 散策路

武相荘 散策路

邸宅裏

 

「成人式の前撮りで、振袖を着た姪を撮影したい!」と撮影可否を尋ねてみたところ、『他のお客様が写り込まないよう・ご迷惑にならないよう』配慮をすれば、撮影自体は構わないというお返事をいただけました♪

土日は人が多めかも?ですが、あまり「悪目立ちしたくない」とおっしゃるお嬢さんにはおすすめの撮影場所かと思います。

 

 

武相荘の駐車場

武相荘は、小田急線鶴川駅北口から徒歩15分。 鶴川街道側の入り口からは、車で入ることができません。 

◆下の地図でいうところの「沼田医院」さんの方に駐車場がございます。

「鶴川二小入口」もしくは「鶴川一丁目」の信号を入って、閑静な住宅地の中なのですが、ちょっと道に迷ってしまいましたので。
武相荘 駐車場

 

武相荘駐車場住所
※ナビる時は「鶴川一丁目27」と入力すると良いかもしれないですね。

ぐるんと敷地の反対側にまわる感じになりますので、駐車場からは散策路を歩いて、チケット売り場・レストランへと進んでください。
駐車場からの入り口

 

 

シェア・フォローいただけると嬉しいです~

この記事を書いた人

きりまる
きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。
 

☆乞う、応援クリック~ めっちゃ喜びます。どうぞお願いいたします☆
にほんブログ村 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください