ご卒業式の袴について

最近は着物だけでなく、袴も色々なデザインが豊富に揃っていますね!

無地・刺繍つき・ぼかし・総柄・・・
どれを選んでいただいてもOKですが、着物や半幅帯と合わせて、バランスを見て決めてください。
袴の素材は、ポリエステルやウールのものが多いと思いますが、着物と合わせて違和感がなければ
どちらもステキです。

 

デザイン別の袴 (例)

  • 無地の袴

 

  • 刺繍の袴

  • ぼかしの袴

  • ぼかし&刺繍の袴

 

  • レンタルの袴

 

 

 袴のサイズと丈

袴のサイズは、ウエストよりも丈で選ぶことが多いです。
袴は普通、裾上げをしたりはしませんので、身長と袴の丈が合うものを選んでください。


袴の丈が長い場合は、腰高に帯を締めて、袴を胸下ギリギリにつけたり、
逆に袴が短い場合は、帯をウエスト近くの下めに締めたり、
帯を多めに出してみたりすることで、若干でしたら着付けで調節することができます。

卒業袴 長い場合 卒業袴 短い場合

ですが、背の低い方にLサイズの袴とか、背の高い方にSサイズの袴ですとか・・・
そういった場合は、どうしてもバランスが取れないことがありますのでご注意ください。

草履ではなく、ブーツと合わせるのも良いですね。
編み上げブーツのように長さのあるものですと、袴丈も融通をきかせることができますし♪

雨が降ったり、たくさん歩かなくてはならないような場合も、ブーツは都合が良いと思います。

卒業袴にブーツ

 

帯は、2~3センチ見えるように出すのが基本ですが、袴の丈の関係でもっと多く出す場合は、
コサージュや帯飾りを飾って、帯から目線を外すようにすると、格好が良く見えますので試してみてね♪

袴のサイズ 袴の帯飾り

 

 

 

 

 
ライン