【和裁・浴衣の仕立て】男物・綿コーマ浴衣の仕立て・その2~後身頃を縫う

男物の浴衣のお仕立て。後身頃の背縫いと縫込みについての覚書です。

後背縫い

 

マチ針を背縫いに打つ

耳から1cmのところに、マチ針を打ちます。

マチ針の打ち方☜マチ針の打ち方

 

 

背縫いを縫う

背縫いを縫う
玉どめは、左身頃側(キセをかけて隠れる方)に出るようにして、縫い始めます。
縫い始めは2針返して、並み縫いです。

 

背縫いにキセをかける。

背縫いが縫い終わったら、キセをかけます。

 

10㎝の縫込みを縫います。

■縫込みの印と印(チャコペン引いたところ)を合わせて、マチ針を打ちます。
縫込み

 

※この時、背縫いのキセが広がらないように注意して、背縫いにキセをかけた状態のままで縫います。
きせと縫込み

 

■並み縫いで、脇印よりも、両端2~3針を多く縫っておきます。
脇印

 

前身頃の縫込み10㎝を縫う。

 

和裁塾 トップ

 

【和裁・浴衣の仕立て】男物・綿コーマ浴衣の仕立て・その2~後身頃を縫う” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください