男物の浴衣のお仕立て。後身頃の背縫いと縫込みについての覚書です。

後背縫い

 

マチ針を背縫いに打つ

耳から1cmのところに、マチ針を打ちます。

マチ針の打ち方☜マチ針の打ち方

 

 

背縫いを縫う

背縫いを縫う
玉どめは、左身頃側(キセをかけて隠れる方)に出るようにして、縫い始めます。
縫い始めは2針返して、並み縫いです。

 

背縫いにキセをかける。

背縫いが縫い終わったら、キセをかけます。

 

10㎝の縫込みを縫います。

■縫込みの印と印(チャコペン引いたところ)を合わせて、マチ針を打ちます。
縫込み

 

※この時、背縫いのキセが広がらないように注意して、背縫いにキセをかけた状態のままで縫います。
きせと縫込み

 

■並み縫いで、脇印よりも、両端2~3針を多く縫っておきます。
脇印

 

前身頃の縫込み10㎝を縫う。

 

和裁塾 トップ

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。