骨董市で見つけた「定価14万円」のフォーマルな草履バッグ♪

先日、町田の骨董市ですごい草履バッグを見つけました。

フォーマル草履バッグ
 

何がスゴイかと言うと、草履についていたこの定価です!!
14万円

 
「14000円?・・・いや、違う!14万だ!!
 なに、コレ、すっごいお値段!! 
 14万もする草履バッグなんて、初めて見たよーーー!!」

思わず声が出ちゃいました。
そうびっくりしながら、草履バッグを眺めていると・・・

「この刺繍みたいのが、きっとすごく手がかかっているんじゃないの?」・・・とか。。。
刺繍

「白金でも入ってるんじゃない?」・・・とか。
白金?

「店頭で売っている時は14万って表示にしておいて、お客さんに勧めるときには『特別に8割引きで・・・』とか言うのよ、きっと♪」

・・・などと、周りにいらしたお客様方♪

そうなんですかね???
値札の裏には、お名前書きが入っていたので、きっと購入されたお客様のネームでしょうね。

実際のところ、いったいいくらでお買い求めになられたのかしらぁ?!
すっごく気になるーーー!!

箱を開けて一見した際には「ワタシが若いころ流行ったタイプのフォーマルバッグ?」と思いましたが、価格に気づいて、よくよく草履バッグを見てみると。。。

鼻緒は人気の太いタイプじゃないのが残念だけど、台がなんだか立派に見えて。。。
草履の台
 

バッグの中もキレイだし。
バッグの中
 

最初は「え?!」と思った模様なんかも、なんだか素敵に見えてきます。
フォーマルバッグ
 

恐るべし、140000円の値札パワーーーー!!

って・・・ワタシが「ゲンキン」なだけかもしれないですケドネ~

お店の方に「ワタシが持って歩いたら変ですか?」と、変な質問を投げてみると、「普段に持ったら変だけど、パーティーなんかなら変じゃないよ♪」・・・ということで。

つい、お買い上げしてしまいました。

え? ワタシはいくらで買ったのかって?!

へへへ・・・それはナイショ(^^ゞ

*中古の草履バッグを購入する際に、気をつけたいこと。

 古い草履バッグは、エナメルが劣化していて、パッと見はキレイでも、すぐにボロボロと表面が剥がれてくるようなものがあります。

 バッグの中が合皮の場合、ペタペタしていたら要注意です。  あっという間に、ポロポロ崩れてきちゃう可能性大!

 鼻緒の裏側をこすってみたり、バッグの持ち手をこすってみたりもしてみてください。
 草履の裏が剥がれてきていないか?  カカトが妙な減り方をしていないか?も要チェック。

 きれいなまま保存してあるものでも、古いとすぐに壊れてくることがあるので、 草履バッグは良くみてからお買い物してくださいねー! 
 ワタシも結構失敗しています(苦笑)

■追伸

本ページでご紹介の草履バッグですが、親戚の結婚式で使用して、1度で鼻緒の裏側にかなりダメージが出ちゃいました。
白い足袋に、劣化した鼻緒の素材が擦れて黄色く汚れが付いた感じ。
まだ「壊れたというレベル」ではありませんが、足袋が汚れる覚悟で履かないといけません。
鼻緒の裏側だけなので、マニキュアのTOPコートでも塗ってみるか?と、何か対策できないか思案中です。

 

 

骨董市TOPへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください