【木綿半衿】久留米もめんに。木綿のハギレを半衿に裁つ!

先日仕立てた「久留米もめんの単衣」用に、木綿のハギレで半衿を作ってみました。(と言っても、裁っただけですが)
半衿用にまっすぐ裁つ方法です。

木綿の半衿

渦巻と青海波。木綿のハギレを使いました。

使った木綿生地は、手ぬぐいよりも少し地厚で、ざっくりとした晒のような感じの生地です。
ずいぶん昔に、知り合いの呉服屋さんから「ディスプレイ用に使った布が余ったから」といただいたものなのですが、色と柄が気に入ったので、大事に仕舞い込んでおりました。

青海波の木綿生地
渦巻の木綿生地

12月に楽天市場の仙臺屋さんで「久留米もめん」を購入しまして。

久留米もめん

ぽってりとした木綿の着物を縫いましたので、どうせだったら半衿も木綿にしてみようと考えまして、それで思い出しました。 
早速半衿サイズに、チョキチョキ裁断してみましたよ。

裁断は、経糸抜いてまっすぐに♪ 裁ち方

和裁を始めて、布地に布目を通してまっすぐ裁つという、キレイな裁断の仕方を教わりました。 緯糸を抜くという方法です。

切込みを入れる
ちょん…と、少し切込みを入れる。
経糸を引く
切ったところを指でほぐして、緯糸を1本引く。 切れないように少しづつ。
ギャザーを寄せるようにして、緯糸をさらに引く
布地にギャザーを寄せるようにして、取り出した緯糸を丁寧に引いていく。
プチっと経糸が切れたら、引き抜く
ある程度引くと、プチっと切れるので、切れた緯糸を引き抜く。 途中で切れてしまった場合は、布端まで繰り返す。

緯糸が抜けたところが「溝」になるので、ハサミでその線にそって裁つ。

経糸の溝を裁つ

ハサミでジョキジョキと切ると、なんだかギザギザしちゃいますけど。 経糸を抜いた溝にそって切ると、切った線(裁ち切り)が綺麗なんです。

もしかしたら、皆さんご存知なのかもしれないですけど、ワタシは和裁を始めるまで、この方法を知りませんでした。 目の詰まった布地には向きませんが、今回の木綿はざっくり生地しているので、やりやすかったです。 それでも、多少はジョキっとなってますけど~ 

木綿の半衿、できましたー!

うずまき柄はこんな感じ。 水色ですしね。 もう少し春めいて、暖かくなってから使おうかな。

渦巻柄半衿

青海波柄は、耳が長辺にきているタイプと衿先にきているタイプの2種取れました。

青海波柄半衿1
青海波柄半衿2

耳が長辺にあるタイプは、無地を出しても使えるのですが、青海波は背縫いを境に、片方が下を向いてしまいます。これはこれでありだろうとは思いますけど。

衿先が無地のタイプは、無地面を出すことはできませんが、青海波の向きが内向き・外向きで変えられます。 ワタシ的には、内向きの方が好きです。

どちらも余分にとれたので。

青海波も渦巻も、3セット余分にとれたので、出品させていただきます。 
ワタシとお揃いでもよろしければ、ぜひよろしくお願いいたします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください