【九寸名古屋帯】渡り鳥柄・金通し染帯

渡り鳥の染柄にぐっときて、骨董市で買った名古屋帯です。

渡り鳥

前帯は、半時計回りに締めて3羽。逆巻で2羽の渡り鳥が前に出ます。
タレ先の裏には、落款入りです。
前帯

画像ではわかりにくいかと思いますが、よく見るとラメがキラキラして見えるような「金通し」の帯地です。
「作家モノだと思うよ」と言われて買いましたが、残念なのことに結構シミのような黄変が見受けられるのです。(涙)
シミ
黄変(シミ)が目立つのは、タレ先・帯裏・胴に巻いてしまう部分です。
幸いにも、お太鼓部分と前帯部分は、あまり目立ったものがありません。

なので「タレ先をキレイな部分にすげ替えて、作り帯にして使うことにしよう!!」と、企んで買った帯なのですが。
作り帯に作るのが、どうにも面倒になってしまいまして。。。

このままタンスの肥やしにしてしまいそうなので、ヤフオク出品いたします。

サイズは以下のとおりです。

タレ先~△まで:108cm 手先~△まで:252cm 長さ計:360cm 巾:30.3cm

 

■動画でたたむところを撮りました。
色味・質感などのご参考にどうぞ。

ほかにも出品していきますので、ぜひご覧ください

ヤフオクマイブース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください