Soldout【袷着物】墨流し染小紋・八掛も墨流し・難あり

同じ模様は二度とできないと言われている「墨流し染め」の小紋です。
八掛にも墨流しが使用されていて、素敵なお着物と思いますが、右の後袖に目立つシミがあります。
羽織を脱がない前提でご着用いただくか、帯にリメイクしていただくと良いと思います。

当ページご紹介のきものについて

着物愛好家である友人のお母様のお着物です。

水色とペパーミントカラーに、薄いグレーの墨流し染めが施されています。
八掛は、オフホワイトの地にグレーの墨流しです。

丹後ちりめん・清裳 と印が入った反物端があるのですが、なぜか?長着と色味が若干違います。
染め模様の入り方は同じ感じに見えます。

清裳反物端
  • 右後袖の袖口近くに茶色いシミ
  • 袖口(内側)に着用汚れ
  • 左袖の肩山に小さめの茶色いシミ
  • 上前衿山に、薄く着用汚れ
  • 胴裏スナップシミ
  • 衿裏に、茶色いシミ1つ

※袖口裏に着用汚れはありますが、八掛は洗い張りで使用可能と思います。
※通常、長着から帯は2本取れるそうです。 帯へのリメイクもおすすめです。
※肩山と袖のシミは、羽織を着れば見えませんので、羽織のご着用前提でしたら、お召しいただけるかと思います。

サイズ

◆単位はcmです。 およその寸法になります。 

  • 裄:67
  • 袖丈:49
  • 袖巾:34
  • 肩幅:33
  • 身丈(肩):160
  • 前巾/後巾:25.5/30.5
  • 衽巾:15.5
  • ※内揚げ:つまみ巾で 前7.5cm、後11cmくらい
  • ※反物端の幅は、37cm(耳含む)

ヤフオクはこちら

ヤフオク出品中の商品は、こちらからご覧ください。

yafuokuマイブース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください