「下駄・草履のひらいや」さんで、“かかと修理キット”を買ってみました♪

「下駄・草履のひらいや」さんで“かかと修理キット”買いました♪
 

修理したかったのは、昨年(2014年5月)に購入したひらいやさんの舟型下駄です。
下駄の底
 

購入時に書いた記事には「ゲタを替えるタイミング」として・・・

『カカト部分は交換が可能ですが、ゴム底全体がすり減ってきてしまったら、
下駄の寿命と考えて、新しいものと交換した方が良いそうです。』

・・・と書かれていますので~

 

たぶん・きっと、ひらいやさんがこの下駄の裏を御覧になったら
「そろそろ、買い替えましょうね」と言われてしまいそうですが~

まだ、履けます。捨てちゃうのはもったいない!!・・・と、オケチなワタシは、
かかとを付けて、もう半年くらいは履いちゃうもんねーと粘ってみることにしました。

ひらいやさんの「かかと修理キット」は、かかとのゴム部分と釘がセットになって、
1足分@180円とお安いのです。

今回は3足分をクロネコDM便(送料216円)で送っていただきました。
かかとキット
 

ひらいやさんの「上手な修理の仕方」によると、予め釘を立てておいてから、
かかとに乗せて釘を打つと良い・・・そうなのですが。
修理の仕方
 

その状態でワタシが金槌を叩くと、ポロポロ・ポロポロ・・・
金槌の振動で、釘が倒れて落ちてくるので~

最初に1本、真ん中に打っておいてから、順に1本づつ釘を刺していきました。
真ん中に釘
 

って、今写真を見て気づきましたけど。
片足、妙に曲がっちゃったな・・・
まあ、ワタシ、どうも内側がたくさん減るようなので、これでバランス取れるかしらね?
右足
 

出来上がった下駄のかかとは↓こんな感じです。
出来上がり
 

塗装の剥げてしまった箇所は、黒マジックで塗っておくと、
少し目立たなくなると思います。

まあ、そこまでしなくても、地面におろして履いてしまえば、
たいして目立たないとは思いますけど~
下駄のかかと
 

で・・・
自分でかかとを付けた下駄を履いて行った先が、横浜・神奈川新聞社の花火大会ですよーーー!!
花火大会
 

この日着たゆかたのご紹介はまた別途♪

ひらいやさんの“かかと修理キット”は、金槌さえあれば、自分で簡単に
下駄・草履の修理ができてしまいますので、おすすめですよーーー!!

(既存のかかとを撤去するには、ペンチ・マイナスドライバーでどうぞ)

※ワタシが購入したのは、女性用・通常サイズです。
 女性用大サイズもありますので、ひらいやさんのサイトで見てね♪

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。