浴衣の着付け。おはしょりの作り方。~キモノ-着るなら.浴衣~

浴衣のきつけ。おはしょりを上げる。

浴衣のおはしょりは、下前を斜めに折り上げて胸の下に畳みます。

おはしょりが、長い:斜めになる:2枚(両身頃)あると厚ぼったい・・・・・・という場合には、 下前のおはしょりを上げた後に、上前のおはしょりの長さを整えてください。

おはしょりのたたみ方

おはしょりを2枚下ろすと厚ぼったくなる時には、下前(内側)のおはしょりを右脇から斜めに・三角を作るようにして折り上げます。

おはしょりの折り上げ方

せっかく決めた衣紋抜きや衿元を崩さないように注意しながら、下前のおはしょりを手の指先で内側に入れ込んでください。

おはしょりのたたみ方

折上げたおはしょりが左胸の上に乗ってしまう(帯から出てしまう)と、表に映ってしまいますので、その場合は胸の下に収まるようにたたんでください。

おはしょりが長い時
おはしょり折下げる
※見やすいように、左の肩をゆかたから抜いています。
  本来は上前の下(内側)で行う作業です。


 

おはしょりをコーリンベルトでおさえる。

右脇から左のアンダーバストへと、下前を三角に内側へ折込んだら、コーリンベルトでおさえると良いです。

おはしょりの上げ方

前述したように、折り上げたおはしょりが胸の上に乗ってしまう場合には、小さくたたんで胸の下に納めます。 帯の中に入る位置にくるようにして、コーリンベルト(着物ベルト)で 押さえましょう。

おはしょりの畳方
コーリンベルト

要するに、帯の下に出るおはしょりが、ブワブワ・モコモコとかさばらなければ良いわけですね。 下前と上前、両方あると厚ぼったくなるので、 見てくれが良くなるように下を折り上げて出ないようにする。 これが「おはしょりを上げる」ということの意味になります。

おはしょりを上げる意味


 

胸紐をかける。

コーリンベルトをかけたら、今度はアンダーバストの位置に胸紐をかけます。 これは、斜めになったおはしょりを整える(長さも調節)する際に、 衿元が崩れてしまわないようにかける紐です。

胸紐

ななめに下がるおはしょりは「舟形」と言って、本来はこのままでも良いとされています。 おはしょりが斜め(舟形)でも良い・長さもちょうど良いという場合には、胸紐は必要ないので、 このまま伊達締めを締めてしまって構いません。 

最近では、まっすぐのおはしょりの方が格好よく見えるため、上前のおはしょりも整えることが多いです。 


 

おはしょりを引き上げて長さを整える。(おはしょりをまっすぐにする)

上前のおはしょりを整える場合には、まっすぐに・ちょうどよい長さになるまで引き上げます。

おはしょりを引き上げる

今後は上から手を挿し入れて、持ち上げるようにすると良いと思います。

おはしょり上げる

右脇は、矢印のところへ入れ込んでしまってください。 (左脇のようにピンチで留めると出てきません)

おはしょりの始末

この時、おはしょりをピシッとさせるコツは、両脇でゆるみをつまんでおくことです。 左は脇縫いの位置でタックをとって、後ろに倒してピンチで留めるとやりやすいです。

おはしょりのタック

このピンチは、帯を締めたら外してください。 くれぐれも、つけっぱなしのままお出かけなさいませんようご注意ください♪


 

おはしょりについて、さらに詳しく。

おはしょりの長さの調節について、もう少し詳しく書いた記事がありますので、こちらも合わせてご覧ください。


 

本ページで使っているもの。

使ったものをご参考までに(楽天市場)
浴衣 きもの館 創美苑
 綿麻浴衣(麻の葉柄)。 綿紅梅風ゆかた(朝顔柄)
腰ひも モスリンの腰ひも
伊達締め 博多伊達締め
コーリンベルト
(きものベルト)
コーリンベルト
ピンチ 着物クリップ

↑ PAGE TOP


 


 


 


 

スポンサーリンク

 

 

PR

↑ PAGE TOP