2015年6月6日(土)に資生堂花椿ホール(東京銀座)にて参加させていただきました
SHISEIDO THE GINZA主催「ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」から、
とても簡単で、見栄えのする「ゆかたの帯結」をご紹介させていただきます~

ゆかたの帯結
 

この日教えていただいた際に、先生がおっしゃった帯結の名前を聞き逃してしまったのですケド。
ワタシが以前通っていた着付け教室では、「蝶くずし」という名前で習いました。

テキストを読み返してみましたら、出来上がりはほとんど同じようですので、
本ブログでは「蝶くずし」として、ご紹介させていただきますね♪
(もしかしたら、若干手順が、先日のセミナーとは違うかもしれません。)

 

蝶くずしの結び方

1:帯を真二つに折って中心を取り、お腹の真ん中にくるように帯を当てる。
蝶くずし 1
 

※先日の講座では、「左手に帯を持った際に、手先が床スレスレになるくらいに長さを取る」と
 教えていただきました。この方がわかりやすくて簡単なので、コチラの方法をオススメします~

左手側
 

2:帯の前巾部分(この時点では背中側)が2巻き(2重)になるように巻いたら、
 1度結んで、チョウチョ結びに羽根を作る。

3:タレ先と手先を、結びの上にかぶせるように乗せてできあがり。

文字で書いてもわかりにくいと思いますので、先日着物をきた際に、動画に撮ってみました。
あまりキレイにできてませんが、結び方のご参考までに♪

 

*お腹で出来上がった帯結は、時計回りで背中へ回してください。

 

 

タレ・手先が長すぎてしまう場合は、全部引き抜かないで、中で余らせておけば良いみたいです。
リバーシブル帯の場合は、どっちの面を表に出すか?で、いろいろな表情が楽しめますね♪
帯のあまり

 

アレンジが効きますし、羽根の向きや広げ方で、年代を問わずに結んでいただける帯結びと思います。

 

ゆかたの着こなし講座で、ゆかたをお借りすることができました♪

SHISEIDO THE GINZA主催「ゆかたの着こなしとヘア&メーキャップ講座」では、
実際にゆかたを着て帯を結ぶ・・・という実習があり、ゆかたをお借りすることができました。

色も柄もいろいろで、選ぶことはできなかったので「どんなゆかたかなぁ?」とドキドキ♪

で、お借りしたのがコチラ↓です!
2-DSC03441

 

キリっとした青が素敵な、モダンな柄のゆかたでしたよー
自撮り
 

鏡が無かったので(言い訳)!
撮ってもらった写真を見て「衣紋が抜けてないーーー!!」と愕然としましたけど。
後ろ姿は↓こんな感じ♪ 裾も長いですけど、お見逃しください・・・
ゆかた姿
 

一緒に参加した友人のヨーコさんは、はんなり優しいピンクの花がらで♪
ゆかた ピンク
 

この日、帯結を教えてくださったのは、鞠小路スタイル東京教室の
「牧野霞」先生です♪

講師
 
牧野先生
 
 ⇒http://ameblo.jp/marikoji-tokyo/entry-11918465283.html

鞠小路スタイル 東京教室さんは、「きれい 楽ちん 着崩れない」着付けが評判の
着付けのお教室です。

自分で着物が着れるようになりたい方はもちろんのこと、
ゆかたをはじめとした着付けもお願いできるようですので、
興味のある方は、ぜひ鞠小路スタイルさんのサイトへどうぞ♪

 ⇒http://www.marikoji-style.com/

 

モデルさんも同じ帯結びかなーと思っていましたが、よ~く見ると、
羽の部分が2重になっているようなので、ちょっと違うみたいですね。
資生堂ゆかた

 
どうやったらこうなるのかな?
今度、やってみたいと思います。

こっちのマネキンさんは、たぶんおんなじ帯結びです~♪
マネキン
 

資生堂さん、牧野先生。
楽しい時間をありがとうございました!!

 

 

■ゆかたいろいろ、揃っています~♪


 

 

 

 

 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。