8月の終わりに、紗紬に麻の九寸帯を締めて、宝塚歌劇団・雪組さんの『CAPTAIN NEMO・ネモ船長と神秘の島』の観劇に行ってきました。
紗紬の着物

 

帰宅後、自宅の姿見に合わせ鏡で撮った写真↑ですみません。残念ながら会場で写真を撮る余裕がなかったので~

この紗紬は、骨董市で買ってまだ袖を通したことが無かったので、「もう薄物の季節が終わっちゃうーーー!!」と慌ててきました。 
最後に着れて良かったです♪

 

■雪組さんの日本青年館ホール公演 MUSICAL FANTASY 『CAPTAIN NEMO』…ネモ船長と神秘の島については、公式FBでどうぞ。

 

 

紗紬の着物

紗よりもちょっと素朴な味のある紗紬の着物は、全体で見ると↓こんな感じです。
紗紬の着物

 

写真だとわかりにくいですが、紗とあまり変わらないくらいの透け感があります。
紗紬の透け感

 

柄は、末広にツタ?カエデ? 結構気に入っている夏着物です。

 

麻の九寸名古屋帯

麻の九寸名古屋は、葡萄柄でしょうか? この帯もかなりのお気に入りです。
麻の帯

 

似合う帯揚げが無かったので、「どうせ夏は帯揚げ、あまり出さないし…」と思って、薄紫色の絽の帯揚げをしてるんですけど、こうして見ると結構見えてますね!!
来年の夏には、似合う帯揚げを探さなくては。

帯締めはレースの夏物を使いましたが、もうちょっと細い方がよかったなぁ・・・と。 どうせなら、帯揚げ・帯締めをセットで探してみようと思います~
レースの帯締め

 

ちなみに、葡萄の値付けは、以前トンボ玉教室で作ったガラス玉の葡萄です。 
自分で作った不細工な葡萄ですが、着付用の木ベラに「根付」としてぶら下げました。

盛夏の着物は、ただただ自己満足のための「暑くて大変な苦行」ですけど(笑)
暑さをこらえて涼し気に装う『夏の着物のカッコ良さ』が、ワタシはとても好きです~。

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。