お世話になっている写真講座の宿題(課題)で「ワクワク感のある写真」というお題を頂ましたので。

こんな↓写真を撮ってみました♪
ワクワク感

 

撮影に使った着物・帯と、撮った写真をご紹介させていただきます~

 

ちょっと地味ですが、好きな着物・帯・バッグを合わせてみました♪

買ったばかりの単衣の無地紬の着物に、まだ締めたことのないスワトウの洒落袋帯(紬地)。
同じく、未だ出番待ちの「ジュサブロー」さんのがま口バッグに、茶色のキレイな帯締めです。

単衣の着物に紬地の洒落袋帯って、時期的にどうかな?」・・・とは思いましたが、5月下旬あたりのコーディネートだと思えばいけるかな?っと。

ちなみに、帯の柄をアップにすると↓こんな感じです。
帯

 

手の柄と、帯揚げ帯締めは↓こんな感じ。
帯揚げ 帯締め
 

お気に入りなのに、なかなか使えないでいるバッグは↓こんな感じです。
バッグ
 

自分的には、こうして個々の写真を見ているだけでも、かなり気分がアガルんですけど(笑)
問題は、この写真からワクワク感が出てるかどうか???ということなんですよね~

しつこいようですが、本人的には、かなりワクワクしながらカメラのシャッターを押したのですが、色めが地味すぎたのが悪いのか? スワトウの繊細な刺繍の質感が感じられないからなのか?

ワタシのルンルン気分が、イマイチ反映されていない気がしちゃいまして。。。

ドキドキしながら先生の評価をあおいだところ、
「たぶん、頭の中に『こういう写真が撮りたい』という明確なモデルがあるんだろうね。
 なにか、参考にしている写真があるでしょう? 自分の中で比べてるから不満に感じてしまうんだよ。」
と。

「さすが先生! よくご存知で~」と思わず返してしまうようなご指摘をいただきました。

ハイ、図星です。
七緒をはじめとした着物雑誌に掲載されている写真をいつも「ステキだな~」と眺めていますので。 まんま真似っこした感じで撮ったんですよね~

 

ただ、こんな風に“着物を着るのに必要な物”を並べてまとめて写真に撮るということは、見る人にとっても「これからこの着物を着るんだ!お出かけするんだ!」という気持ちの共有になるため、ワクワク感につながる・・・ということで。

「なんでこんな写真?」と言われちゃったらどうしましょう?・・・と思ってましたが、「自分で言うほど悪くもないよ」と言っていただけて、ほっとしました。

実はもう1パターン、着画も撮っていますので、次の記事でご紹介させていただきますねー!!

 

■写真講座でお世話になっております!

瀬川陣市先生の著書はこちら(アマゾンへ飛びます)

画像をクリックすると楽天市場に飛びます。
   

 

 

 

 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。