外苑前のウェディング会場「リビエラ青山 (RIVIERA AOYAMA)」で開催された「GENIE」(ジーニー)新製品発表会へ行ってきました♪

ジーニー新製品発表会

 

「よそ行き着物を着るチャンス!」とばかりに、付け下げの着物に袖を通してみましたよ。 この着物は、この日がお初♪

付け下げ着物
※袖口からチラ見えしてるのは、ババシャツじゃなくて、肘用サポーターですぅ。

 



 

◆スポンサーリンク◆

 

手描き友禅「椿・菊・桜等」付け下げ訪問着

この日、特にドレスコードがあった訳ではなかったので、「セミフォーマルな着物じゃあ浮くかなぁ?」という懸念もありましたけど、コスメの新商品のお披露目ですし、場所もウェディング会場ということでしたので。

「場にはきっと馴染むだろうなー」と考えまして、この際「付け下げ訪問着」で行っちゃうことにしました。

付け下げ訪問着

 

目的地まで道中をご一緒される方がいる場合には、相手の方と「服装の格」を合わせないといけないでしょうが、会場までは一人でしたしね。 こうしたコスメイベントでのブロガーさん達の服装は、いつも結構マチマチなので、格がある分には問題ないかと~

手描き友禅のこの着物は「訪問着のように掛衿~身頃まで模様が繋がるように柄付けされた“付け下げ訪問着”」と思います。 付け下げと付け下げ訪問着については、姉妹サイト「お祝いの着物」に書きますね。

手描き友禅の椿と菊と桜・・・等です。

椿の友禅

 

つばき(山茶花)と菊の主張が強いので、ちょっと秋っぽい感じですが、よく見ると桜もあるので、袷の時期なら着てOKと思っています。

付け下げ桜友禅

 

帯は、変わった色めの袋帯を締めました。

訪問着の袋帯

袋帯

 

黒い模様が少しキツイ気がしますが、持っていない地色の帯だったので、先日骨董市で買った帯です。

 

「付け下げかしら? 訪問着かしら?」と迷うくらいちょっと地味目な着物なので、帯揚げ帯締めも控えめで。 ちょっと帯揚げがカジュアルかなー?と思わなくもなかったけど、大して見えないものので、まあいっかと。

帯揚げ帯締め

 

失敗のは草履ですね。 一応「普段からフォーマルまで」となっている草履ではありますが、ワタシのものは“前つぼ”が赤いですしね。 ちょっと違ったかなーと、後になって思いました。

※1/27加筆【七緒 vol.43―特集:イマドキ「礼装」】に、台に高さがあれば、シンプルな白い草履は訪問着・付け下げまで良いと書かれていました。 鼻緒のツボは、白い方がきちんと感がありますが、赤でも良いみたいです。 ワタシの草履はシルバーですが、付け下げ訪問着でも大丈夫そうだと思いました。 ヨカッタ♪

 

 

着物のコーディネート・格合わせって、本当に難しいですね。 よく考えて着たつもりでも、後になって「あれ?違った!」と思うことが多々あります。

ちなみに、この日のコスメイベントのテーマは↓こんな感じでした。 インスタントケアコスメっていう新カテゴリーのコスメなんです。

アクティブに、そして美しくありたい女性のために、瞬時に美しさを実現する「GENIE」

さっと塗ってしわを隠すことで有名な“ジーニー・インスタントラインスムーサー”をご存知の方は多いかもしれないですが、今回は「GENIE(ジーニー)」から、5アイテムほど新発売(4月)となりますので、そのお披露目会の取材で参加させていただきました。

GENIE製品発表会様子

 

ジーニー新商品については、姉妹サイトに書きましたので、ぜひこちらもご覧いただけましたら幸いです。 ワタシのおすすめは「塗って15分で肌の水分量を400%増加させ、保湿力が72時間キープするドリームクリーム」です!

【シワ・保湿】エイジングケアGENIE (ジーニー) 新製品発表会レポ~速攻アプローチで超若見えするコスメ!
世界で300万本突破!噂の小ジワ対策メイク下地≪ジーニー≫

 

付け下げ訪問着の着物。友禅染め・椿と桜柄の着物

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

◆スポンサーリンク◆


関連記事


 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。