先日、日本橋で開催されたキモノサローネへ遊びに行くのに袖を通した「西陣紬のきもの」です!

ちょっと写りが悪いので、顔出しはナシで~
西陣紬

西陣反端

骨董市での購入ですが、反端付・しつけ付・パールトーン加工済みのとても良い状態のお着物でした♪
サイズも裄がたっぷりあって、着丈もOK。
良いお買い物をさせていただきました~

 

 

帯はうさぎさん刺繍の名古屋帯です。

ベージュ色の紬は、細かい大小の点々で縞柄みたいになっています。
反端の「銘」はなんて書いてあるのか?わからないけど。 西陣織りの紬みたいですね。
紬の柄アップ

帯は、うさぎさんの刺繍が入った九寸名古屋帯を締めました。
うさぎ帯

紬と帯

ちなみにこの帯、以前のコーディネートは↓こんな感じです。 今気づいたけど、前回と帯揚げ帯締め、おんなじでしたね。

 

 

自分で言うのもなんですが。
コーディネートも着付けも、以前の写真は「あっれぇ~?」と思うものがあって、思わずにやりとしてしまいます。 そう思うってことは、少しは進歩してるってことですよねー

最近、普段着を上手に着こなすコツを教えていただく機会があったので、今、そのコツを体得するべく練習中です♪
マスターすると、着崩れしないキレイな着付けができるので、そのうちご紹介させていただきたいと思います。

 

おろしたての着物に、「白髪染めカラートリートメント」を付けてしまいました(涙)

これ、白髪染めを自分でされている方は、結構あるあるなんじゃないか?と思うんですけど。
前夜使った、ヘアカラートリートメントがうなじに残っていたみたいでして。。。

帰宅後、着物を脱いだら、衿がうっすら紫色に染まっていました!!

「きゃぁぁぁーーーー!やっちまったーーーー!!」と慌てて装道シミトールを取り出して、かなりしつこくお手入れしたら、ほとんどわからないくらいまで落ちましたけど。
衿汚れ

気に入っているキモノだけに焦りました。 左右両方汚れてたし。。。

元々着物にパールトーンがかかっていたのが幸いしたと思います。
ね?もうほとんどわかんないですよね?!
衿汚れ

装道さんの油性用汚れ落とし「シミトール」は、あると本当に便利です。
こういう汚れは、ついついごしごししちゃいますけど、うっかり強くこすっちゃっても着物の生地がケバ立ちしにくく、ファンデくらいならすごくキレイに取れますから。

白髪染めのカラートリートメントをしない訳にはいかないので、衿合わせをもっと開けたらいいのかしら?
にしたって、これまでだって同じように着ている・染めているのに、この日に限ってなんでなんでしょうねー?!

この日は妙に暑くて、結構汗をかいたので、そのせいなのかな?

着物の衿を汚さないコツ。
今度、着物の先輩達に聞いてきますねーーー。

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。