着物や浴衣を着て、腕を大きく上げて下ろした後にできる「胸脇のたるみ」が、やたら気になるってことありませんか?
身八つ口のひだ

 

多少出るのは仕方がない・・・・・・ってことはわかるんですけど。
帯の上にめっちゃたるんで、すごーくだらしなく見える時があるんですよね。

腕を動かしても、すっきりして見える着物も着物もあるので、一体何が違うのかしら? 着付けも補整も同じようにしているのになー!と、不思議に思っていたんですけど。

先日、ひょんなことから「身八つ口の上にやたらと出て(たるんで)格好の悪い着物」は、何が原因だったのかがわかりました!
ほんの数センチのことなのに、着姿がめちゃめちゃ違ってくるんですよ~

身八つ口のひだ(たるみ)が気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

きっかけは、自分で仕立てた「浴衣」でした。

和裁教室に通い出して、はじめて仕立て上げた浴衣を着て、花火大会に出かけました。
浴衣着たところ

 

上の写真は、わざと脇を締めて撮っているのでわからないかと思いますが、下の写真ならわかるかな? 脇の下と胸の間にできた微妙なたるみが、帯の上に乗っています。
身八つ口のたるみ

 

「ばっちり自分サイズのはずなのに。 なんで胸の脇に、こんなにたるみができるのかしら?」

最初にこの浴衣を羽織った際には「うわー!ぴったり♪ めっちゃ着やすい~ シルエット、キレイ~」とそう思ったのですが、何度か腕を上げ下げしているうちに、身八つ口が開きやすい&たるみがたくさん出てしまうことが気になってきました。

自分で仕立て上げたばかりの浴衣ですからね。 サイズが合わないなんてことはないので、「なんでなんだろう?」と不思議に思いました。

後日、違う帯で撮った写真が↓こちらです。 ねー? 特に利き手側の胸の脇が、いくら入れてもすぐに出てきちゃうんですぅ~
胸脇のたるみ

 

和裁の先生に相談して、原因が判明しました!

あまりに気になったので。

和裁の先生に見ていただいて、身八つ口の上に大きなヒダができる原因がわかりました!
ワタシ、袖付寸法を間違えていました。 23cm縫うところを21cm弱しか縫っていなかったんですー!!

◆袖付が2㎝長くなったので、その分身八つ口を開いて、下へずらしてもらいました。
袖付と身八つ口

 

袖付というのは、肩山から身八つ口までの「袖と身頃の縫い合わせ部分」のことです。
袖付

昔から袖付の基本寸法は23cm。 身八つ口は15cm(鯨尺でなくcmの場合。)なのだそうですが、ワタシはなぜか?21㎝弱しか袖付寸法を取っていませんでした。

袖付が短いのですから、その分身八つ口の位置も上がる(高くなる)訳で。
なんと!これが、胸元にできる変なヒダの原因となっていたのでしたー!!

袖付が短いと、身八つ口ヒダが大きくなる理由。

もう1枚、以前から「なんか、この着物、胸元がだらしなく見えるなー!!」と思っていた色無地を出して、袖付寸法を測ってみると。
なるほど、やっぱりこの色無地も、袖付寸法が21㎝しかありませんでした。

どんな着物でも、腕を上げ下げすれば、どうしたって胸紐(帯)の上に布が出ます。
身八つの上の布地

 

それが、袖付寸法が短い場合は、下の写真のように「布地が置いていかれる」感じになるので、よりたくさんたるんでいるように見えるわけです。
袖付が短い時

もしもピンク〇印の部分が袖に縫い留めて合ったとしたら、袖側に引かれる分だけ、たるみとしては少なくなる・・・・・・ってことですね。

更に言えば。 袖付が短いと身八つ口の位置が高くなるので、その分胸紐から外れやすくなり、結果的に身八つ口がカパッ~と大きく開いてしまうんですよ!
身八つ口の開き

 

ねえ? いくら脇の下の身八つ口を合わせて閉じても、すぐに「パカーッ!」と開いちゃうのはどうしてなんだろう???・・・・・・・と不思議でしたが。

胸紐は、身八つ口の真ん中あたりにかかっていないとダメなんですね。  身八つ口が紐から抜けたら、開いちゃうんです。

袖付が長くなったら、たるみが目立たなくなり、身八つ口がパックリ開かなくなった♪

和裁の先生が袖付を長く&身八つ口を下へ縫い直してくださったので、袖を上げてもたるみがあまり目立たなくなりました。 身八つ口も開かない~(笑)
袖付ながく

 

胸紐の上に身八つ口を出してみる。

試しに、わざと胸紐の上に身八つ口が出るまで引き出してみると。
身八つが開く

身八つ口、ぱっくり。

身八つ口に胸紐がかかっていれば。

身八つ口に胸紐がかかっていれば、たるみもすっきり♪
胸紐かかっている

 

脇の下の着物や浴衣のたるみ。まとめ

以前、着物雑誌「七緒」で『胸元にたるみができるのは、袖付が短いのかも?』と読んだことがあるのですが。(どの号か?は忘れました。)
たった2cm程度でこんなに違うとは、ビックリでした。

 

今回いろいろやってみて、袖付が短いというよりも「身八つ口が胸紐から抜けると、身八つ口が開いて、だらしないたるみが大きくできる。」ということがよくわかりました。

袖付を長くするには、4カ所縫い直しをしないといけないですし、その分身八つ口を下に移動させるには、さらに4カ所解いて始末をしないといけない訳なので。
これは、なかなか大変な作業であると思います。 キレイに直してくださった、和裁の先生に大感謝です!

ということで。
脇のたるみや、閉じても閉じても開く身八つ口が気になっていらっしゃる方は、袖付寸法と身八つ口と胸紐をチェックしてみてくださいね。

もちろん、身幅・抱き幅などが原因の場合もあるかと思いますけど。
場合によっては、胸紐の締め方を変えるだけでも、改善できるかもしれないですね。

◆和裁のお話はこちらから。
和裁塾 トップ

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。