男物の浴衣のお仕立て。身頃の印付けについての覚書です。
メンズ浴衣ー身頃印付け

反物のサイズを確認⇒柄袷せ⇒合印⇒身頃の印付け

■最初に、裁ち板に反物の端を留めて、必要なだけのサイズがあるか?を確認します。
(※女性の浴衣で行った作業と同じです。)

前身頃2山、後身頃2山で4枚取って、袖2山、衽+衿で1山。  これだけ取って余りが出れば大丈夫です。
(※下の写真↓は裾側を撮っていますが、山は自分の左手側です。 右手側はハサミを入れますが、左手側にハサミを入れることはありません。)
サイズの確認
※反物の裏表がわかりにくい場合は、糸印をつけておきます。

■反物の長さが足りると確認できたら、柄袷をして、背と背、袖付(身頃側)と袖付(袖側)、衽付(身頃側)と衽付(衽側)に合印を入れます。

ここまでできたら、今回の主題! 身頃に印をつけていきます。

 

◆スポンサーリンク◆

 

重ねた反物の端と耳を揃える。

■裁ち板に4枚重ねて、しっかりと端・耳を合わせます。
裁ち板に端と耳を合わせる

身頃前と後ろ

耳合わせる

 

裾端から2㎝に印を入れる

■裾端から2㎝上がったところに、ヘラで4枚一緒に印をつけます。
※ヘラの厚さによるそうですが、ワタシのヘラは薄めなので1mmと見て、端から1.9cmのところに物差しの先がくるようにすると、ヘラ印がつけやすくなります。

※布端から1.9cmに物差しを当てて、ヘラを入れると2㎝に印が入るイメージ
ヘラと印つけ

裾2㎝

 

耳から1㎝に印を入れる

■耳から1cmのところに、背縫いのヘラ印を入れます。
(9mmで物差しを当ててヘラ入れする。)
背縫い1cmヘラ

耳から後巾&肩幅を取って印を入れる

※仕立ての寸法

  • 後巾:29
  • 前巾:24
  • 肩幅:34
  • 上がり身丈:140

※この図は↓クリックで拡大します。
身頃の印

 

■後巾は29cmなので、耳から30.4cmのところへヘラ印を入れます。(背縫い1cm+キセ)
※肩山から裾へ45cmのところにT印を打って、裾からT印まで。

■肩巾は34cmなので、35.4cmにヘラ印を入れます。
肩山に斜めの印を入れておきます。(両側)
肩山

 

肩山から50㎝にマチ針。そこから10㎝に印で縫込みを取る。

■今回は、肩山から50㎝のところに縫込みを取るので、目印のマチ針を打つ。
50㎝にマチ針

 

■裾へ向かってそこから10㎝のところへマチ針。
後身頃の縫込み

10㎝マチ針

※わかりやすいように、チャコペンで印。
チャコペンで縫込み印

 

※前身頃は後身頃よりも下に縫込み部分がくるため、ヘラ印は4枚入れない。
 下敷きを入れて、上2枚(後身頃だけ)にヘラ印を入れます。

ヘラ入れ
※ヘラの厚み分、チャコペンの線より物差しを下げてあてるのがポイントです。

■肩山の印からT印まで、斜めに結びます。
肩から45T

肩からTまで

肩あきは2cmで。耳から9.5cmに糸印

今回、肩あきは2㎝とします。 耳から9.5cm(8.5cm+1cm)に印を取って、糸印をつけます。
肩あき

肩あき糸印

肩山から40cmのところにT印

肩山の印から40㎝のところに、袖付のT印をつけます。⇒後身頃(上2枚)を、裁ち板から外します。

 

【前身頃】縫込みの印を入れます。

■肩山から50cm+4cmのところにヘラ印。
前身頃の縫込み印

■衿下寸法は、今回70cmなので、裾端から72cmを測って、前巾24cm(+キセ0.4)で印をつける。
前身頃の印

【襟ぐり】印を入れて、寸法を取ります。

■衿ぐりのカーブは、先生の型紙をあててとりました。 目安は、耳から9.5cmのところそこから、前巾24.4cmの線の延長に向かって21cmのところです。
前巾襟ぐり

 

■上の図の茶色の線の長さを測ります。 今回は29.8cmでした。

■衽丈が「130.8cm+裾2cm=132.8cm」とわかったので、寸法表に記入しておきます。
衽寸法

■後身頃の裾を切り離して、背縫いを縫います。

背縫い←背縫いについてはこちらから。男物浴衣の背縫いを縫う

 

和裁塾 トップ

 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

◆スポンサーリンク◆


関連記事


 


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をした後、少しお休みしていましたが、2017年から「きもの館 創美苑」さんのモデルさんの着付け(浴衣・卒業袴・振袖)をお手伝いさせていただいています♪ 
写真館勤務時に、七五三・成人式・お宮参り……と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書いています!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。