予想以上のあたたかさ!!
大人女子のためのストール・傘専門店「macocca(マコッカ)」さんの生カシミヤストールが、着物スタイルに良く合います~♪

マコッカカシミアストール

マコッカ 生カシミアストール

たった100gという薄くて・軽いストールですが、このふわふわ感とぬくぬく感はすごい!
シワにならないので、気兼ねなくクシュクシュ丸めて持てる点も〇。お家で洗えるカシミヤというのも〇。

洋服と着物と兼用で、しかも、男性も使えるという「超使える♪大判・薄手のカシミヤストール」です!

ストール・傘専門店 macocca

 

 

生カシミヤストールとは?! 普通のカシミヤと何が違うの?

マコッカ・生カシミヤストールは、楽天さんのクーポン利用(レビュー用)で、超お安く購入させていただきました。
届いたところは↓こんな感じです。

カシミヤストール

 

正直、ビニール袋に入った状態では『普通の薄手ストー?』って感じですけど。タグには確かに「カシミヤ100%」と書かれています。

カシミヤストールのタグ

 

そもそも「生カシミヤストール」の「ナマ」ってなんだ?!って話ですよね。 普通のカシミヤと何が違うんだろう?・・・と思ったので、macoccaさんの商品ページや、付属のリーフレットを探してみると。

生カシミヤとは

 

生カシミヤの特徴は「軽さと柔らかさ。ふんわりとした肌触りを感じられるナチュラルな仕上がり」であるということは、わかりました。

ワタシ的には「XX処理をしていないから生!」みたいなものを期待していたんですが、ナマってそういうことではないのかしら?

ちなみに「カシミヤ」というのは、カシミヤ山羊のうぶ毛(綿毛)の部分のことで、高地の寒さや乾燥から身を守るために剛毛(刺毛)で覆われた山羊のうぶ毛は、空気を含んでふわっふわ。やわらかくて・軽くて・あたたかいのだと、以前、バイヤーの社長さんから教えてもらったことがあります。

■【BUYER(バイヤー)】さんに見せてもらった、内モンゴルのカシミヤ山羊
カシミア山羊
【BUYER(バイヤー)】さんの関連記事はこちらでどうぞ。

 

macoccaさんの公式サイトで調べてみたら、macoccaのカシミヤストールも「内モンゴル産」。 ホワイトカシミヤ100%で、内モンゴルの工場でオリジナル生産されていて、最終の仕上がりチェックも人の目と手で行われているのだと書かれていました。

その他特に「生カシミア」についての記載はないので、やっぱり、この「質感や織り」の違いが『ナマかどうか』ってことなんだろうなーっと思いました。

カシミヤストールと生カシミヤストール

 

もしかしたら、生カシミヤのストールは「起毛させていない」ということで、織った糸がそのままだから「生」なのかもしれないですね。

起毛タイプの目の詰まったカシミヤと、ざっくり軽い生カシミヤ。 どっちがいいか?は好き好きですね。 どう使いたいのか?によると思います。 

生カシミヤのストールは、どちらかと言えばカジュアル寄りなので、ラグジュアリー感で言えば起毛タイプのストールには勝てません。 また、織り目が粗いため、
ひっかけやすく、うっかり指を入れてしまって穴を開けるといった恐れもあります。

生カシミヤ 質感

 

つまり、普段使いをする上で、ひっかけ・穴あけさえ気を付ければ、かなり使えるストールと言えると思います。 ワタシが思う生カシミヤの良いところは、以下の通りです。

  • ガーゼ生地のような軽さ
  • クシュクシュ巻いても、しわにならない。
  • 大判ストールだけど、かさばらない。
  • 見た目がそれほど「冬っぽくない」ので、春秋にも活躍しそう。
  • 冬っぽく見えない割には、めっちゃぬくぬくで、あたたかい。
  • ふわふわで巻いたときの肌触りが最高に良い。
  • 洗った時に目詰まりしなさそう。
  • 薄手のカシミヤストール

 

お洗濯に関しては、起毛タイプもカシミヤストールも、基本的には自宅で丁寧にお手入れするのが良いらしいです。 ライオン・アクロンの公式サイトには、「洗濯ネットに入れて」と書かれています。 カシミヤ繊維のキューティクルを傷つけないように、押し洗いでやさしく洗うのが良いと思います。

ただし、カシミヤの繊維はお洗濯に弱いので、頻繁に洗うことは良くないと言われています。 その点、macoccaさんの生カシミヤは「洗濯耐性が証明されている」という点が嬉しいですね。 普段使いに向いているストールだけに、気軽に手洗いできるのはとても魅力と思いました。

 

macocca生カシミヤストールを使ってみました!

先日、着物で出かけた際に、macocca生カシミヤストールを使ってみました!

着物に薄手カシミヤストール

 

大判のカシミヤストールなので、着物にもすごく合います。 帯付きで羽織って、帯がすっぽりと隠れますので「まだ、コートにはちょっと早い」という時期にも使えます。

そして↓こちらは、道行コートの上に羽織ってみたところです。

カシミヤ大判ストール

 

コートの上にも合うでしょう? 薄手ですが、衣紋の上にふんわり乗せるとすごく暖かいストールです。

エアリーな見た目もあってか、大判のストールなのに、重たく見えないところが重ねやすいです。

着物にカシミヤすとーる

 

今回は江戸小紋+道行コートでしたので、広げて肩掛けしていますけど。 ウールや木綿のようなもっと厚手でカジュアル度の高い着物だったら、くしゅくしゅとお洋服に使う時みたいに、首元にふんわり巻いても素敵なんじゃないかなー?と思いました。

ストール ふんわり

 

ということで。
薄手・大判・カジュアルテイストの「質の良いカシミヤストール」をお探しなら、macocca生カシミヤストールはおすすめです!

今、買って、来年の4月頃までずーーーと便利に使えそうなストールなので、ちょっと高価なストールではありますが、充分元は取れそうです(笑)

マコッカさんには、@350円でギフトラッピングの用意があるそうですので、プレゼントにもぜひどうぞ。

ギフトボックス

 

ストール・傘専門店 macoccaさんはこちらから。

 

#R_fashionista

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。