この秋、自然派化粧品の江原道(こうげんどう)さんから「江原道マイファンスィーシリーズ」のポイントメイクアイテムが新発売となりました。

■2017.11.03発売開始の新商品。「江原道マイファンスィーシリーズ・ポイントメイクアイテム」

江原道マイファンスィーシリーズ

 

江原道さんのファンデーションが「崩れにくい・カバー力がある」というのは知っていましたが、目元メイクも崩れないというからびっくりです!

江原道メイクアイテムを使った、だれでも簡単にできる「崩れ知らず」のナチュラルメイクを教わってきましたので、共有させていただきます!



 

 

「艶が出て、肌色補正をして、白浮きもしない。」江原道メイクの秘密とは?!

レビュー用に頂戴したポイントメイクの新商品を「どう使いこなせばいいのやら?」と思いあぐねて、江原道さんの本社にお邪魔させていただきました。

江原道新商品

そもそもワタシ、化粧自体が上手じゃないし。商品の特長はもちろんですが、メイクの仕方(手順)を教えていただきたいなーと思ったからです。

できれば、着物に合う「着物メイク」を教えていただけたら嬉しいんだけどな・・・と思いまして、イメージしやすいように和服姿で伺ったワタシ。

「失敗しない眉毛の描き方」から「パンダ目にならないアイライナーの引き方」まで、誰でも簡単にできる「ナチュラルな着物メイクのやり方」を、江原道さんに教えていただくことができました!

着物メイクファンデーション
※麻布十番 江原道本社会議室にて

まずは「艶が出て、肌色補正をして、白浮きもしない。」江原道メイクの秘密をご紹介させてください♪・・・と言っても、画像にモザイクでごめんなさい! イメージ的には、わらび餅の↓この感じです。

わらび餅

 

 

密着する原料「グロスフィルムパウダー」がすごい!

もともと江原道さんのコスメは、 映画・テレビの撮影現場で、女優さんの肌を守ることから生れたものなので、「化粧が浮く・崩れる」といったことは絶対的なタブーです。
 「メイクが撮影を邪魔する」ことになるからです。

■国内外740作品以上(2017年5月現在・未公開作品を含む)の映画・ドラマ・舞台で使用されている江原道の自然派化粧品。

江原道イメージ
※PR TIMES江原道プレスリリースより

 

ベーシックなカラーにするのは当たり前。
江原道さんのメイクアイテム(商品)は、人の生活の中で「メイクが邪魔をさせない」というように、「肌に密着させる」ということを絶対条件としているとそうなんですよ。

そんな「肌に密着・崩れない!」を叶えるために開発されたファンデーションに使用されているのが、これ。「密着する原料: グロスフィルムパウダー 」です。

浮かないファンデーション

 

グロスフィルムパウダーを、手の甲で試してみました。
こすればこするほど、艶が出る!
高密着でピタっと肌について、本当に化粧崩れ・化粧浮きなんて無縁な感じです。

グロスフィルムパウダー手の甲

 

艶が出て、肌色補正をして、白浮きもしないってすごいです!

「グロスフィルムパウダーに水を垂らしてみてください」と言われて、やってみました。

浮かない秘密

 

下の画像でわかります? 撥水性のあるパウダーなので、水を垂らすと水がプルンと丸くなるんです!
粉をまぶすと、まるでわらび餅みたいになります。
スプーンで「水が切れる」ということに、びっくりしました。

崩れないファンデーション

 

江原道さんの会議室で「すっごーい、すっごーい!」を連発したワタシですが。 

すごいファンデーション

 

『まさか、他社さんのパウダーも、みんなこうなるなんてことは無いわよね?!』と思ったので、先ほど、自宅にあったパウダー系ファンデーションにも水を垂らして検証をしてみましたよ。

ファンデーションテスト

 

どれがどれとは言いませんが、気に入っているフェイスパウダー2種とミネラル系のパウダーファンデーション2種を使っています。

4種とも水を垂らしてすぐは、ちょっとはじいて丸くなるような感じに見えるんですけど、すぐにダランとのびて、膜をはって容器にへばりついたような感じになりました。

ファンデーション崩れテスト

 

1点「お♪」と思ったパウダーも、スプーンで切るという感覚は無かったです。 水粒をすっごく小さくすれば、江原道さんのパウダーみたいに丸くなって切れるんですけど、容器に広がった水たまりは、なかなか小さくなりません。 水をはじくという感覚とは違うなーっと思いました。

ファンデーションの撥水性

 

片や原料で、片や製品化されているパウダーですし。 使用量にも若干違いがありますけれど、こうなると「江原道さんのグロスフィルムパウダーは、やっぱりすごいなー」っと思う訳で。

グロスフィルムパウダーに垂らした水を「汗・皮脂」と考えると、ファンデーションが崩れないという理由がわかります。

汗とパウダーが混ざらないから、長時間キレイなメイク直後の肌を維持できるということですよね。
毛穴から出た汗は、肌表面をサラサラっと流れるので、タオルやティッシュで押さえれば良い」ってことです。

例えば、頭やおでこからダラダラと汗が流れてきたとしても、汗をティッシュで押さえれば、汗だけ取れてファンデーションがはげるということがない!のです。 しかもですよ、 汗ははじいても、肌の保湿はちゃんとしてくれるという点が素晴らしいです!!

■ グロスフィルムパウダーの5つの機能と肌の保湿成分
江原道ファンデーションの機能

保湿するファンデーション

 

この密着する原料( グロスフィルムパウダー)が、チークやアイシャドウにも使用されているため、「落ちない・崩れない」。
メイク直しいらずの化粧が叶うとのこと。

さらに、グロスフィルムパウダー には、まぶたの凹凸感をカモフラージュしたり、目のくぼみにできる陰を光でやわらかくカバーしてくれる機能があるそうなので、年齢肌が気になってくる40代、50代~の女性にも最適と言えると思います。

■ グロスフィルムパウダーの光効果とカバー&カモフラージュ力
カバー力とカモフラージュ力

 

 

ワタシの「目元メイクの悩み」を解消する江原道のメイクアイテム

ワタシのメイク悩みはいろいろたくさんありますが、特に気になっているのが以下のような「化粧くずれと仕上がりの悪さ」です。

  • アイシャドーが上手に塗れない。 ベタっとついてしまっているように見える。
  • 目が窪んでいるせいか?夕方になると、上のアイラインが下まぶたの変な位置についていたりする。
  • 目じりのアイラインがにじんで、パンダになる。
  • スッキリと、シュッ!と書いたはずのリキッド・アイラインが、ところどころ剥げてしょうもないことになっていたりする。
  • 目元・口元の小じわに、ファンデーションがめり込む
  • アイシャドーもチークも、似合う色がわからない。

 

アイシャドー等の粉系メイクアイテムは、必要以上のパール感がある等、粉自体の作り方で、仕上がりが変わってくるそうです。

グロスフィルムパウダーの入った江原道さんのパウダーは、崩れない・補正効果が高いというだけでなく、コーティングパウダの効果もあるので、高密着で薄付きで、キレイに塗れるという魅力があります。

■ コーティングパウダーのフィット力
coatingパウダー

 

江原道さんのアイテムを使った メイク が「難しくない・誰でも簡単にキレイにできる」という理由は、塗りやすく・キレイにつき・化粧くずれをさせないように作られているから・・・ということなんですね。

この日ワタシは「着物メイク」にこだわって、メイクの仕方を教えて欲しいとお願いしましたけど。

江原道さん曰く【「着物の場合は絶対にこうした方が良い」とかではなくて、着物でも洋服でも、そもそも「すっごいバリバリにメイクしてきたのよ!」というのではなくて、大事なのは「品格」です。】ということでした。

「品を良く見せる」ということ。

 

江原道メイク

 

着物を着るとついつい濃いメイクをしたくなっちゃいますが、ケバケバしいメイクは上品には見えないですよね。
訪問着でパーティーに出たり、振袖で成人式に出たりする場合には、衣装が派手なので多少濃くしないと負けちゃいますけど。

普段着きものや、お子さんの付き添いのママの装いには、ナチュラルで自然なメイクが似合います!  顔を化粧で印象的に作ってしまうと、やりすぎ「濃いメイク」になりかねないので、ささっと簡単に♪ 江原道さんのメイクアイテムで「品のあるメイク」をしてみましょう!

ということで。
メイクの仕方は、別途まとめたいと思いますので、ご期待ください♪

執筆中です。待っててね

 

江原道さんの新商品、マイファンスィー のメイクアイテムは公式サイトでご覧ください。
 ⇒

多くの女優・モデルが愛用する化粧品として注目されている江原道

江原道のメイクアイテム





 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦

着物が好きです!!

2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 

七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。

キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!

リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。