先日、骨董市でかわいい長襦袢を購入しました♪

グリーン長襦袢

写真の色が上手く出ていないのですが、とてもキレイなアイスグリーンに、
キュートなカラーの丸まる模様なんですよー

ヤフオクに出してもいいかなーと思って買ったのですが、家に帰ってよく見てみたら。
この長襦袢は十三参り用ですかねー???
袖幅・袖丈・身幅に身丈・・・と、全部小さめに仕立ててありました。
しっかり、腰上げもしてありますしねーーー!

「うーん・・・このままじゃあ使えないなぁ・・・」
ということで、出品は取りやめにして、試しにお直しをしてみることに。

 

まずは、すでに襦袢から外して放置してあった袖がありましたので、
こちらから手を入れてみました。

替え袖お直し

 

襦袢の無双袖(替え袖)の作り方は、別途掲載していますので、
こちらへどうぞ♪

替え袖を作ろう! 無双袖の簡単な作り方♪

 

 

着物に合わせて襦袢の袖を変えてみる♪

 

襦袢の替え袖は、袖丈のサイズを変えて、いくつか作っておくと便利です。

替え袖いろいろ

もっと言えば、無双袖だけでなく、半無双や単衣の袖もあるといいですね~

 

替え袖の使い方には、

  • 長襦袢の袖を外して、袖だけいろいろな替え袖とすげ替えて、長襦袢を使う。
  • 着物の袖の中に直接替え袖を縫ってしまう。長襦袢は袖なし状態で着る。もしくは筒袖の半衿付き半襦袢を着る。
  • 二部式の「うそつき」長襦袢を使う。
    • 筒袖の場合・・・マジックテープで裄も調節可能に!
    • 袖付け位置で袖を外した場合・・・替え袖の袖付け~袖付けまでを、ざくざくと縫って使う。
  • 半襦袢に替え袖を取り付けて使う。(半衿は美容衿を使う)

 

・・・と、いろいろな方法がありますが。

 

ワタシは二部式のうそつき襦袢の袖を外して、袖付け位置にザクザク縫って使ってます。

 

うそつき

 

1番最初に作った単衣の替え袖は、スナップボタンを取り付けて、
縫わずとも簡単に付け外しができるようにしたのですが。。。
スナップボタンを付けるのが、結構大変な作業でしたので、
その都度ザクザク縫ってしまった方が楽なのデス。

 

着物の袖の中に、縫い付けてしまうのが1番確実な方法ではあるのですけど。
取り外しを繰り返してしまうと、着物の裏地が傷みますので~
その場合には、キモノ専用の替え袖にしてしまうのが良いかもしれませんね。

 

裄が合わない時には、ちょっとつまんで数針縫えばOKです。

 

うそつき襦袢の場合は、正絹の襦袢と違って、気軽に針が通せますので♪
着物と肩幅が合わない時には、ちょっとつまんで数針留めればOKです。

肩幅合わせ

 

逆に、肩幅が足りない時には、袖付け位置に少し布を足しておけばよいのです。
その方法は、以前ご紹介していますので↓こちらの記事をごらんになってみてください~

 

 

袖幅が長い時には、袖山で少しつまんでください。

袖山でつまむ

 

逆に、袖幅が足りない時には・・・?!
少しくらいでしたら、そのままで着てしまいますけどね。
あまりに袖幅が足りないと、着物の袖口が汚れてしまいますので~

その場合は仕方ないです。
袖幅の合うサイズの「替え袖」を1つ作ってあげてくださいねーーー!!

 

替え袖を留める際の針目

 

これは個人の性格にもよるのかと思いますけど(笑)

替え袖の針目

面倒くさがりで大雑把な性格のワタシの針目は、かなり荒いデス!!

でも、見えないところですので、問題ないと思っています。
着物を着る予定の前日に、肩幅・袖幅・袖丈のサイズを確認し、ザクザク~と縫って完了♪

 

ワタシの着物は、だいたいが袖丈49センチ・52センチになりますので、
このサイズでいろいろなタイプを作っておくと、コーディネートが楽しめますね。
どうせなら、裾からチラ見せしても良いように、お揃いの裾除けがあるといいですよねーーー!!

 

冒頭でご紹介しました「十三参りの長襦袢」も、セットに作ってみたいと思います~

 

 

ワタシが使っているのは↓コチラのうそつき襦袢です

【送料無料】半衿付け替えわずか30秒!半衿を上手につけられなくて困っています・・・そんなあなたにぴったりの「超簡単二部式長襦袢」!!ファスナー付き半衿で問題解決!もちろん自宅の洗濯機で丸洗いOK!

価格:
13,125円

(2013/02/11 18:19時点 )

感想:28件


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、現在は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん着付けを時々お手伝いさせていただいております♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。