可愛らしいピンク色。 博多献上柄のような単の帯です。

単の帯

単の帯 全体

薄くて軽い帯なので、盛夏前の単衣の時期に♪
お太鼓部分は二重になっていないので、半巾帯にして浴衣に締めても良いと思います。

 

 

単帯・単の帯・八寸名古屋の裏がない帯など、いろいろな言い方があるようですが、垂先で引き返してお太鼓部分を二重にすることなく、手先・垂先の先端だけ2枚になっています。 戦後くらいセミアンティーク・ビンテージによくある帯であるそうです。

単の帯 手先垂先

手先の内側に証書が残っていました。「内地・小幅」と書いてあります。

内地小幅

内地小幅証書

右から左という横書きが、なんともレトロな感じですが。 内地とは、輸出用ではなく国内向けという意味で、小幅(こはば)とは広幅に対しての言い方で「並幅(当時の普通幅)」を意味するらしいです。

正絹とか絹100%の文字は見当たりませんが、絹織物合同組合と書いてあるので正絹だろうと思います。

柄は「博多献上」に似てるなーと思いましたが、博多織の文字はないので、「風」と書かせていただきました。

博多織

裏側

 

手・前巾に半分した軽い折りアト・お太鼓枕の位置に締めシワ・垂先に折アト(最上画像参照)ありますが、状態は悪くないと思います。

締めシワ

ヤフオク出品いたします。 よろしくお願いいたします。

■およそのサイズ(単位はcm)

  • 帯幅:30
  • 帯長さ:393

 

 

ほかにも出品しています。ぜひご覧ください

ヤフオクマイブース

 

amazonで「八寸 献上柄」で探しました。

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村