紫陽花柄の夏帯(絽)・名古屋帯です。

紫陽花夏帯

紫陽花夏帯

紫陽花と言えば梅雨の時期(6月)というイメージがありますが、絽の着物や帯に紫陽花の柄が使用されている場合には、盛夏(7月・8月)に使用して構いません。
6月に絽の紫陽花の帯を締める場合には、単衣の着物で中旬以降(一般的に夏帯に切り替える時期)が良いかと思います。

いずれにせよ、これからの時期に活躍してくれそうな帯ですね。

 

◆スポンサーリンク◆

 

素材は確証ありませんが、正絹の絽の帯と思います。

松葉仕立てのトンネルかがりで、芯のない八寸名古屋帯です。
とんねるかがり八寸帯

前帯の柄は↓こんな感じ。
前帯

それほど目立つものではないと思っていますが、若干薄茶色のアクが出ています。

◆関東巻きで出る柄
関東巻きの紫陽花

◆関西巻きで出る柄
関西巻きの紫陽花

 

また、お太鼓柄の紫陽花で、黒い糸?が見える部分が数カ所あります。
紫陽花のお太鼓柄

また、折ジワ・締めジワがあるということの他、古い帯特有の臭い(カビ・埃)があります。 そのため、臭いに敏感な方にはお勧めしません。
シワ

垂先はキレイな感じです。
垂先

◆おおよそのサイズ。単位:㎝

  • 帯幅:30
  • 帯長さ:356

 

単衣・夏物のヤフオク出品始めます。
ほかにも出品していきますので、ぜひご覧ください

ヤフオクマイブース

 

 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

◆スポンサーリンク◆


関連記事