藍色がとてもきれいな縮緬地の小紋着物。お気に入りです♪

縮緬単衣
 

その①の記事で、帯の長さが短くて柄出しが上手くいかず、
結び方を変えてリベンジしたと書きました。それがコチラ~

銀座結び風
 

一見、銀座結び風ですが。
タレのあそびの中に手を通しておりませんので、なんちゃって銀座結びです。

枕を入れずに、普通にお太鼓結びのように帯締めを入れて、
手を無理やり下方へ倒しています。
帯結
 

なので、気をつけていないと、すぐにカタチがくずれてしまうという
厄介なところがあるんですが、こうでもしないと柄が出ないのですから仕方ないです。

ワタシはどうも、無難に同系色で小物合わせをしたがるきらいがあるのですが。
この日の写真講座のテーマは「色に注目して写真を取る。色のポイント」ですからね。

被写体に・・・と持参した帯締めの中から、
「この藍色だったら、黄色い帯締めがピリっとしまる!」
・・・とアドバイスをいただきまして、帯締め変えてみたところ。

帯締めの色
 

あらホント♪
ハッと目をひくのは、黄色い帯締めの方でした。

この黄色い帯締めは、友人の勧めで買ったものですが、
どう使ったらいいのやら?わからなくて、まだ1度も締めたことが無かったのですけれど。

こういう色合わせはありなんですね~
良いお勉強をさせていただきました♪

ちなみに、縮緬地の小紋は、単衣仕立てです。
染元さんの落款入りです。
染の小紋
 

縮緬は、湿気で縮みやすいので、雨の日には向きません。
単衣と言えども、見た目に温かみのある素材なので、あまり暑い日にも向きません。
なので、とても贅沢な着物・・・だとうかがいました。
今でしたら、6月よりは5月の方が向いているかもしれません。

縮みやすいとはいえ、なんだか伸縮性があるようでして、結構スベル。
腰紐をキツーーーく締めないと、なんだか裾が落ちてくる・・・みたいなのです。
汚さないように気をつけなくっちゃ。

秋になったら、塩瀬とは違う帯で、合わせてみたいと思います。

質感やサイズ感がわかるように、動画にしました。
お時間あればぜひどうぞ♪



 


 

 

スポンサーリンク


 


 

☆応援クリック・・・どうぞよろしくお願いします☆
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村 ファッションブログ 和装小物へ にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ


 

この記事を書いた人

きりまるS40年生・東京在住・主婦
着物が好きです!!
2001年から11年間ほど写真館で着付師の仕事をしておりまして、少しお休みしていましたが、今年(2017)は「きもの館 創美苑」さんのモデルさん浴衣(ゆかた)着付けをお手伝いさせていただきました♪ 
七五三・成人式・お宮参り・・・と、着物でお悩みのお客様が多かったことからこのサイトを作りましたが、フォーマル系は「お祝いの着物https://oiwai-kimono.com/」へお引っ越し中です。
キモノ-着るなら.comでは、浴衣をはじめとした紬や小紋・ウールなどの普段着物について書きます!
リサイクル着物を掘り出すのが楽しくて、古物商営業許可も取りましたので、オークション出品案内なども掲載します。